11月6日 とらこ先生「欧州統合医療コングレス(ECIM)2021」にて『統合腫瘍学におけるZENホメオパシーの見解とアプローチ』発表します!

11月6日 とらこ先生「欧州統合医療コングレス(ECIM)2021」にて『統合腫瘍学におけるZENホメオパシーの見解とアプローチ』発表します!

「欧州統合医療コングレス(ECIM)2021(https://www.ecimcongress.com/)」は、2008年にドイツで第1回コングレスが開催されて以来、毎年何千人もの統合医療、補完代替医療の専門家を集め、欧州各国持ち回りで開催されてきた欧州の統合医学では最大級の伝統ある学術大会の1つです。

そして一昨年、ロンドンで開催を予定していた第13回の大会主催の事務局から日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)宛に、由井寅子ホメオパシー博士のZENホメオパシーでの統合医学でのアプローチの発表をぜひとの依頼がありました。

当初はとらこ先生もロンドンの会場に出向いて発表の予定でしたが、コロナ禍で開催が1年延期され、その後も会場での開催目途が立たないため、今秋ECIMとしては初めて全世界オンライン配信のコングレスとして開催となりました。

第13回ECIMは11/4-11/7の4日間開催され、とらこ先生の発表は、統合医学分野でも最も注目される統合腫瘍学(癌などへの統合医学からアプローチ)のセッションでの発表となります。

JPHMA交渉の結果、コングレス主催者のご厚意と日本豊受自然農の協賛とCHhomの協力サポートにより、なんと大会3日目 日本時間11/6土 18時から テキサス大学医学部臨床准教授 モシェ・フレンケル博士(イスラエル)の基調講演「がん治療における統合医療の重要性」から始まり、とらこ先生の学術発表までの通訳付きでの実況ライブが実現しました。

今大会は、アフターコロナ時代へ向け、世界レベルで統合医学・補完代替医療・伝統医学の専門家の衆知を集め、全世界の人々の健康向上と幸せを実現するために、クライアント本位のケアに焦点をあてた最新研究と臨床的応用がテーマとなっており11月4~7日の4日間に渡り、125名以上の国際的統合医療研究者と臨床療法家が、ライブ・オンライン形式で発表を行います。

ぜひ、国際オンラインコングレスの雰囲気も含めお楽しみください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申込・詳細はこちら▼

https://ec.homoeopathy.ac/product/2836