ZENホメオパシーによるホメオパシー的予防 by 由井寅子 Ph.D.Hom

ZENホメオパシーによるホメオパシー的予防 by 由井寅子 Ph.D.Hom

*この論説は、2018年7月21日、スクール・オブ・ファーマシーにて開催された「ZENホメオパシーによるホメオパシー的予防 by Torako Yui スペシャルゲスト、トレバー・ガンとシーラ・ワトコット+UKプレミア上映「真の免疫の探求」から引用・編集されました。

私は、日本に戻り、ZENホメオパシーというハーネマンをベースとしたハイルクンストを実践しています。

私は、日本人の難病を治療するうち、病気は体だけにあるのではなく、心や魂にも病気があり、体だけを治しても心と魂の病気を治療しないと、体の病気が再発することがわかりました。また、食や環境を変えないと体の病気が再発することがわかりました。

日本人の状況があまりに凄かったから、ZENホメオパシーを発見するしかなかったのです。

日本人の多くが信仰心を失い、道徳に縛られ、感情を抑圧し、自己否定感が強く、農薬まみれの野菜や石油由来の食品添加物、人工甘味料、薬やワクチンなど、毒物でも何でも、偉い人が言うとそれを信じて摂ってしまう、というところです。

ハーネマン自身が、病気を治すにはホメオパシーだけでなく、間違った生き方、考え方、生活様式、食事などが自然になるよう、多角的なアプローチが必要だと言っています。これらを総合的に見るハイルクンスト、真の治療家であれ、と言っています。

またハーネマンは『慢性病論』の中で「心の苦しみと怒りのもとにいる患者にはホメオパシーが効かない」と言っています。

人間というのは魂・心・体の三位一体の存在であり、病気も、魂・心・体のそれぞれに存在します。魂というのは、存在目的、生きる目的、価値観、信念のことです。人間の魂の中核には、「全てを愛する(=許す、受け入れる)ことが善」という価値観持っていると考えています。

親から「良い子でなければ駄目だ」「美人でなければ駄目だ」「優秀でなければ駄目だ」と否定されると、その親の価値観を信じてしまい、その価値観で駄目な自分(良い子でない自分、美人でない自分、優秀でない自分)を愛する事ができなくなります。こうして自分や人を愛することに条件が付き、魂が穢れてしまうのです。

このような悪(否定)のある価値観をこの世的価値観といい、この世的価値観を信じることで魂が病気となってしまうのです。一方、否定のない価値観、善だけの価値観を霊的価値観と言います。霊的価値観の代表が「全てを愛することが善」です。

そして魂が病気になることで(この世的価値観を信じることで)、障害(悪=否定)に遭遇することで、感情が生じます。たとえば、「悪い子」「かわいくない」「馬鹿」と言われることで、悲しみ、恐れ、怒りという感情が生じます。この感情が心の急性病です。急性の感情が生じるとき、体はストレス状態(思い通りにしたいのに思い通りにならない状態)にあり、思い通りにしようと、アドレナリンが出て、交感神経優位型となり、筋肉が固くなり、血流が滞り、老廃物の排出が停滞します。

しかし、親が「泣くな」「逃げるな」「怒るな」などと感情を出すことを禁止すると、感情を出すことを我慢し、未解決な感情なって潜在意識に沈みます。この未解決な感情をインナーチャイルドいい、心の慢性病のことです。急性の感情を抑圧すると、ストレスが慢性化し、慢性的な筋肉の凝り、血流の停滞、老廃物の蓄積が生じ、ある一定以上、老廃物が蓄積すると、体の自浄作用が働き、発熱、発疹、下痢、嘔吐、咳などの急性病を生じます。これが体の急性病です。この急性病は病原体の力を借りて行うことがあり、感染症と呼ばれています。本当は、感染症は自然が為す同種療法なのです。

このように、魂がこの世的価値観に感染し病気になると、やがて感情という心の病気が発症し、感情を抑圧することで、やがて体の病気が発症するという構図があります。

ですから、体が病気だからと言って、体の病気治療だけしていても対症療法でしかありません。もちろん、ホメオパシーは体だけでなく心も同時に癒す療法ですが、心の治療にホメオパシーだけでは限界があります。心と魂を癒すインナーチャイルド癒しが大事です。意図的に自分の感情を感じ、なぜこのような感情が生じるのかを自分に問いかける必要があるのです。

私は、ハーネマンの教えを基本にした、魂・心・体を三位一体で治療するホメオパシーの三次元処方に、現代人に合わせてハーネマンを越えて行くために、心の苦しみを楽にするためのインナーチャイルド癒しを取り入れ、大元の考え方を自然にするために(魂を癒すために)、信仰心の向上や否定しない考え方の指導、そして、不自然なものを体に入れないために、食事や環境の指導も含めたものを加え、ZENホメオパシーを完成させました。

簡単に言うと、ZENホメオパシーとは、人間を魂・心・体の三位一体で治療していく方法です。

 

ホメオパシーの三次元処方

①魂の治療として、病原体のノゾーズを使います。

②心の治療として、全体症状から導かれるメインレメディー(ストレスレメディー)を与えます。植物か動物のレメディーが多いです。

③体の治療として、マザーチンクチャーにティッシュソルトや臓器適合レメディーを加えた臓器サポートレメディー。あるいは、薬害や環境毒の排出のためのデトックスレメディーを使います。

慢性病をもっている方、難病を持っている方にZENホメオパシーのアプローチはとても大切です。

 

ホメオパシー以外の三次元治療

①魂の治療として、インナーチャイルド癒しによるこの世的価値観の解放。霊性学。信仰心の向上をして頂きます。

②心の治療として、インナーチャイルド癒しによる抑圧した感情の解放。例えば、今の上司に対する怒りは小さい頃に我慢した父親への怒り(インナーチャイルド)であると認識し、あのときは怒りたかったよね、と言ってインナーチャイルド共感し、怒ってもいいよと言い、インナーチャイルドが父親に怒りをぶつけるイメージをして感情の解放をしてあげます。この抑圧した怒りを解放しない限り、同種の出来事で急性の怒りは生じ続けます。

自分を大事にするという事は、このように過去の抑圧した感情を思い出し、その願いを聞いて叶えてあげることです。怒りの奥には、恐れや悲しみがあり、最終的には親から駄目出しされた駄目な自分を許すことで、この世的価値観を解放していくことができます。

インナーチャイルド癒しの詳細は、新刊『インナーチャイルドの理論と癒しの実践』やDVDをご覧ください。

 

③体の治療としては、不自然なものを体に入れない生活指導や良い食事の指導です。

このようにしてZENホメオパシーをやっていって、これらをふまえた上で、予防についてのお話をします。

ワクチンの中には、弱毒化した病原体が入っていますよね。そして、直接体内に注射で入れます。

本来であれば、マクロファージ、好中球、ナチュラルキラー細胞などの白血球が働き、病原体を排出する筈です。でも、ワクチンの皮下注射によって一気に体の深部に病原体に侵入されてしまうので免疫がうまく働きません。直接侵入しますので、免疫が上手くいきません。

そこで、一時的に病原体に抗体をくっつけて、とりあえず、病原体を不活性化させようとして、旗を立てます。このときの抗体はIgG抗体です。IgG抗体が血中に多いという事は、自分を攻撃する難病の自己免疫疾患を起こしやすいという事になります。

このようなことは15年前にここにいるトレバーさんが日本に来て、教えてくれました。

そこから私は色々な患者、自閉症をみまして、私自身が発展していったものをお伝えします。

健康であれば、そのIgG抗体が結合した病原体を、あとでマクロファージなどが食べに来ます。しかし、既に低下している免疫力と皮下注射による不自然な侵入の仕方で免疫が混乱して、それができず、IgG抗体と病原体が体内に留まってしまいます。

さて、この状態で、例えば、はしかが流行っていて、はしかが体内に入ってきたとした、そういう場合、どうなるでしょう。

既にIgG抗体がはしかにくっついていますから、はしかが入ったとしても、すぐにIgG抗体が病原体に結合して不活性化させるので発症しません。

すでに感染症の慢性状態なっているので、あとから病原体が入ってきたところで、感染症の急性症状を出すことができない。これが予防接種の予防メカニズムです。

予防接種の予防原理をまとめていきたいと思います。

弱毒化した病原体を注射で体内に直接注入する。 免疫がうまく働かず、病原体を排出できない。だからIgG抗体を作るしかなく、とりあえず病原体を不活性化します。しかし、免疫低下が大きく病原体を排出できない。

IgG抗体が存在し続けるので、病原体が自然に感染したとしても、IgG抗体が結合して、病原体を不活性化し、発症しない。既に慢性病になった状態でいるので、それを罹っても急性病を出せません。

これって、予防って言えるのでしょうか?

予防接種で感染症の慢性状態にすることで、予防と言えるのでしょうか?

これは予防ではなく、その逆で、一気に感染症の慢性状態にしている訳です。かかっていても急性症状を発症する力をなくしているだけです。

だから、健康を取り戻し、IgG抗体と結合した病原体が排出されてしまうと、予防接種の効果もなくなってしまいます。だから「いかに長期に感染症の慢性状態を作り出すか」、という事が重要になります。

それは、「いかに長期にIgG抗体を存在させるか」、「いかに長期に免疫低下状態を持続できるか」、「いかに長期に免疫を混乱させることができるかが」、ワクチン開発において最も重要となるのです。

そこで、長期に免疫を混乱させ、低下させるために、ワクチンの中にアジュバントと呼ばれるものが入っています。免疫を低下させる物質(水酸化アルミニウムなど)や防腐剤という名目で水銀が入っています。
健康を犠牲にして達成される予防は、本当の予防とは言えません。

本当の予防は、抗体ではなく白血球主体の免疫が働く状態にすることで達成されます。
それは、免疫を高めること、すなわち、魂・心・体を健康にすることで達成されるものなのです。そして、異物や老廃物を排出する経験をさせる事です。すなわち、罹り切る事、症状を出し切る事が大切です。

現代医学では、抗体の数が多ければ多いほど、免疫が高いと考えられていますが、それは嘘です。

私は、20年間、自閉症、多動、ADHDという予防接種から来る医原病である、こういう子供達を診てきました。何故、予防接種から来ていると言い切れるのか、多くの医師達に問われました。

簡単です。その症状を引き起こすものは、その症状を取っていくというホメオパシーの原理があるからです。ですから9種類の予防接種を打たれた自閉症の子供達、癲癇の子供達にワクチンからできたレメディーを摂らせたところ、どのようになったか、見て行きましょう。

<ビデオ症例>

7歳男児:自閉症&ADHD(常に歌っている)

 

2007年7月26日(1回目の相談会)

由井:妊娠中何を食べたかったですか?ハンバーガーか何か食べたかった?

母親:実際、私は摂食障害があり、あまり食べる事ができませんでした。

由井:じゃあ、こういったものは食べたくなかったの?

母親:ハンバーガーとダイエットコーラだけは欲求しました。

由井:頻繁にコーラを飲んだの?

母親:はい。水がわりに。

由井:一日どれくらい?

母親:一日1リットル以上。

この男児は、ADHD、発話の遅延となり、じっとしている事ができない。

言葉をクリアに話すことができない(舌小帯短縮の為)。ひたすらリズムに乗って歌を歌う。

<レメディー処方>

2009年4月9日

由井:絵を描くのに、何枚紙がいる?

患者:1枚

由井:1枚でいいの?

患者:はい。

由井:はい、どうぞ。

母親:この間、乗馬を始めて、皆、彼の事を別人の様と言います。彼のコミュニケーションと発話は改善しました。彼の理解力も良くなりました。

患者:すみません。セロテープを貰えますか?

由井:セロテープ?いいよ、どうぞ使って下さい。

患者:ありがとうございます。

母親:今では、自分で考えますし、ピアノの発表会にもでました。

 

2歳男児

難治性癲癇

大脳皮質形成異常(大脳の中に石灰化したカルシウムが多数ある)

 

2010年6月24日(1回目の相談会)

てんかん発作 遊んでいたのに相談会中に意識のない笑い顔のてんかん大発作が3回出て倒れる。何もしゃべれない。右足の麻痺。

<レメディー処方>

2010年8月12日

母親:彼は、一日100回以上の癲癇発作がありましたが、今では、一日平均20回以下です。

前に比べて、自分の意志を明確に示すことができます。

お医者さんは、彼がとても改善したと言っています。

車を見ると「ブー、ブー」と言って、「車」と言いたいんだと思います。

由井先生:とても良いですね。これから、もっと良くなっていくでしょう。表情もよくなり、母とのコミュニケーションもとれるようになった。

* DVDケース終わり *

 

これはほんの一部ですが、発達障害の160名のクライアントに9種類のワクチンレメディーが入ったレメディーを摂って貰い良くなった症例が80%でしたので、やはり、予防接種がその害となったのかなと思っています。

 

かと言って、私は予防接種、ワクチンを全面否定しているのではありません。

予防接種の必要性としては、一気に感染症の慢性状態にする事で、これが必要な人もいるという事です。

 

例えば、第三諸国で、栄養状態が悪いとか、急性病で体力を使ってしまうと死んでしまう、など体が元々弱い。こういうケースにおいては、ワクチンで慢性病にする事で生き延びる方が良いと思います。

さて、予防接種をしても副反応で重篤な病気になる人もいれば、健康なままの人もいます。
ワクチンは同じでも人によって反応が違うということは、どういう事でしょう。ワクチン病になる原因というのも、ワクチンだけにあるのではなく、病気を発症する側にも原因があるということがわかります

その原因が、魂や心の病気であるインナーチャイルド、カルマ、信仰心の無さ、そして、医原病や食原病だということです。
ワクチン病になるということは、生き方、考え方を改めるべきところがありますよという神様がくれたメッセージだと思います。原因を見つめるチャンスでもあるということです。

自己治癒力を信じることができず、症状を恐れ、小児病を恐れ、忌み嫌い、自然から離れた考え方を続けるならば、ワクチン病になっても仕方がないと思うこともあります。ワクチン病になる事で自分が間違っていたことを認識するしかないという事もあると思います。ですから、自分を映す鏡として、ワクチンのような不自然なものがこの世には必要ではあるのではないかと思うのです。
ワクチンは人間の浅はかさ、無知、無明、おごり、依存、被害者意識、そのようなものの象徴として存在するように思います。
このように考えるようになってから私は予防接種に反対することをやめました。
たとえ、ワクチンの重篤な副作用に苦しむことがあったとしても、その経験を通して学ぶことがたくさんあると信じるからです。

私の経験として、160名のお母さん達は、この発達障害の子供達を世話することを通して悩み苦しんだと思いますが、多くのお母さん達は、一つ乗り越えるたびに幸せのハードルが低くなり、子ども達への愛が増えたからです。

また、霊的見方をするとワクチン病はどうもカルマ(本人のカルマ、親や先祖のカルマ)と関係することが多々あるように思います

カルマの清算のためにワクチン病になることがあるということです。ですから予防接種のレメディーのコンビネーションの中にはマントラのレメディーも入れています。霊的アプローチして少しでも楽になるようにと思っています。

感染症もかかる人とかからない人がいます。感染症も、病原体だけに原因があるのではなく、感染する側にも問題があるということなのです。
ワクチン病と同様、感染症に罹るということは、生き方、考え方を改めるべき所がありますよというメッセージであり、原因を見つめるチャンスでもあるということです。新しく自分を生きるチャンスであります。

それは、やはり、①インナーチャイルド(魂と心の病気)がありますよ。②医原病、食原病、環境病がありますよ。③カルマがありますよ。というメッセージだということです。


ここで病原体の起源に関する私の仮説を申し上げたいと思います。

それは、病原体はインナーチャイルドが生物化したものではないかという事です。

生物ですから、感情があるのは当たり前だと思います。

病原体は種特異性があり、本来、同じ病原体でも人間に感染する病原体は他の動物には感染しません。鳥に感染する病原体は人間には感染しない訳です。

極端に免疫が低下した場合は、種の垣根を越えて感染してしまいますが、それは本来例外だということです。このことから、病原体はもともとその生物から発生したと考えるのが妥当です。

インナーチャイルドは、魂(この世的価値観)と心(感情)をもった自分から切り離された一つの存在です。そのインナーチャイルドが腸内微生物として実体化したものが病原体ではないかと推測しています。

● なぜ生物化しなければならなかったのか? 

自分が否定した自分(インチャ)を認識するためには、自分を映す鏡を必要とするように、自分を映す鏡として病原体が実体化するということです。

そして、感染症を克服することを通して、インナーチャイルドを解放するためです。

この世的価値観と抑圧した感情を解放するために、病原体は存在してくれています。

つまり、感染症とは自然がなす同種療法であると考えています。

私の経験上、感染症では、インナーチャイルドは良くなっていきますが、50~70%程度しか癒せないように思われます。残りは、やはりインナーチャイルドを自覚して、癒して行く必要があるようです。
ですからその病原体に共鳴するインナーチャイルドを抱えていなければ、基本的に感染することはないはずです。もちろん、免疫がとても弱っている場合はこの限りではありません。
免疫がとても弱っている原因として、予防接種を含む医原病や食原病があるということです。

そうは言っても、5歳の子に2歳の頃を思い出してインチャ癒しをやってごらんと言ってもできません。

だからこそ、はしかや耳下腺炎、水疱瘡、百日咳などの子どもの罹る病気に罹り、その病気を克服することを通して、自分のインチャだけではなく、自分の前世のインチャや親、先祖のインチャを解放しているのだと思います。

子どものかかる病気にかかり、発熱や発疹、粘液を出し切ることによって、親や先祖たちの遺伝的・感情的・精神的なくびきから解き放たれると思います。5歳でもインチャが形成されます。今世でできたこの世的価値観に裁かれ苦しんでいるインチャ、親を手伝わなければ良い子でないと思うインチャ、これらを子供のかかる病気にかかって、解放しているのだと思います。そうしてはじめて本来の自分を生きられるようになります。

 

特に湿疹や熱を出した後の子どもって、精神的にすごく成長していると思います。

ハーフの私の息子は私が夫と離婚したため、英国を離れ、9歳で日本に来ることになりました。日本になじめずいつも英国の父元へ帰りたいとメソメソ泣いていました。勉強もまったく身に入らないようです。学校も行きません。体も弱く、いつも病気ばかりしていました。私はそんな息子を愛せず怒ってばかりいました。ある時はしか様の湿疹と高熱を出しました。3日間40度近くです。私もその時ばかりは一生懸命看病しました。望郷心のCapsとMorbillinum Nosodeをとらせました。熱が下がるころ、「お母さん、中学校までは日本に妹と一緒にいるけど、高校になったら英国に帰らせてほしい。そこでしっかり勉強してイギリスの大学に行くから」と私に交渉し学校に行くようになりました。その後日本と英国の両方のカルチャーを知り、ジャーナリストになりBBCで活動しています。

このはしかは、インナーチャイルドでいえば、自分は大事にされていない人間、自分の頑張りをもっと評価してほしいのに、いつも怒られてばかりいる。こういう場合、はしかに罹りやすくなると思います。

ハーネマンがホメオパシー予防をしていたと知り、私も2007年予防キットを作りました。そこに感染症から作ったノゾーズレメディーを含め36種類のキットをつくりました。

日本人は、特にインフルエンザのノゾーズと水疱瘡のノゾーズを使っています。

レメディーを摂ってもかかる人はかかります。罹った方が、早くインナーチャイルドが出る場合は、そのようになっていきます。

いつも私に甘えて自分の好きな事だけをやっていた4歳の娘エミリーは母を離れ幼稚園に行くことになりました。いつも家を出る時にも大泣きし私と離れたくなく園に置いてくるのがひと騒動でした。

ある金曜日、水疱瘡にかかり全身ブツブツだらけになったと園からエミリーを取りに来るように言われました。シングルマザーの私としては患者もおり困ったなあと思いながら急きょ患者を断り迎えに行きました。メソメソ泣いて、彼女はますます私にしがみついて来て、おんぶして、抱っこしてとして、全く歩こうとしません。私は月曜日にも患者の予約が入っており、この土日で水疱瘡が治ってくれないだろうかと思い、Rhus-t、Puls、Varic-nなどをドンドンあげました。

そしたら全身膿だらけの湿疹が増え排出し、見事月曜日は枯れた状態で幼稚園に行けたのです。

驚いたことに、今まで幼稚園に行きたがらなかったのに、「ママバイバイ」と園に入っていったのです。

それからはドンドン園になつき、友人もいっぱい増え元気まんたんの女の子になりました。

では、水痘・帯状疱疹ウイルスのインナーチャイルドをみましょう。

やりたくない意識、後ろ向き、消極的、動きたくない、面倒臭がり、のんびりしていたい、休みたい、疲れることはしたくない、楽をしたい、辛い思いはしたくない、疾病利得率の高い人

こういう人は、水疱瘡や帯状疱疹に罹りやすくなります。

これからお見せするのは、水疱瘡にかかった子供達の特集です。

この子は2歳なのですが、母親が仕事に復帰せねばならなくなった途端にこのようになりました。

これは疾病御利益だなと思いましたので、Varic(水疱瘡)とVario(天然痘)の両方を処方しました。

そうしたら、とびひ様の水疱瘡がばっと出てきました。

そして、このように治って行って「お母さん、バイバイ」と言えるようになりました。

 

この子は4歳で、幼稚園に行かねばなりません。

この子は3番目の子供でおろされかかった子です。それはお父さんとお爺ちゃん、男の人によって妊娠3か月の時におろせと言われたのです。

この子の症状は「男の人が怖い」というものでした。

そして、この子は幼稚園に行かなければならない時にアトピーが酷くなってきたのです。

それに対して、Varic (水疱瘡)とVario(天然痘)を与えました。

そうしたら3回目の水疱瘡にかかりました。

ふつうは、生涯免疫といって一回罹ったら罹らないのですが、注射やクリームで抑圧すると何回もかかって、完結させようとします。この子は、3回目の水疱瘡に罹り切った後、男性が怖くなくなり、幼稚園にも「バイバイ」と行けるようになりました。

この子は6歳なのですが、その年でもお母さんに抱っこされて、私の所に来たのです。お母さんから離れないのです。もう直ぐ小学校に行かなければならないのですが、それを言われ、アトピーを出しています。ワクチン接種が多かったので、9種類のワクチンレメディーを出しながら、Varic(水疱瘡)とVario(天然痘)を処方しました。そうしたら3回目の水疱瘡に罹りました。

そして元気になりまして、小学校でバスケもやり、サッカーも水泳もやり、とても元気に「お母さん、バイバイ」と言えるようになりました。

このような心があるとその病気を引き寄せる。インナーチャイルド、未解決な感情があると病気を引き付けるのだという事がお分かりでしょうか。

インフルエンザウイルスに関しては、

勝りたいインチャ、自分にも人にも勝りたい。

優秀,能力が高い,美しい,強い,出来るなど、自分の理想とする『良い人』でいたい。

こんな思いを持ってインフルエンザに罹ります。

風疹ウイルスも「勝りたい」のですが、実力,能力が自分に近く、自分を攻撃してきそうな相手に対し、その相手よりも優れていて、相手を従わせたい,言うことを聞かせたい、酷い目に遭わせてやりたい、と言う意地悪な意識があります。ですからその人には負けたくないのですね。

私は26歳の時に風疹に罹りました。その時は、テレビ局で、N君という子と戦っていました。彼はディレクターの席を目指しており、私もディレクターの席を目指していました。実力は私の方が勝っていたと思うのですが、彼が上手かったのは「茶坊主」という名前があり、ゴマをするのが上手かったのです。そこで私は負けてしまったのです。そしたら、ある日ブツブツが出てきまして、それがブラジャーとパンツ型に出てきたのです。それで病院に行き「これは何でしょうか?」と尋ねました。すると「ああ、これは風疹だ」と言ったのです。「なぜ、ブラジャーとパンツ型に出るのですか?」と聞いたんです。「今に全身にでるから待っていなさい」と言われました。で、そのようになりまして、その後にN君を許しました。

この子は、母親が妊娠中に風疹の抗体が高かった子です。

産まれた時は発疹はなかったのです。でも3週間後位に、直ぐにこのような乾燥したアトピーが出てきました。この母親は、この子がヘレンケラーのようになっていくのではないか、と心配していました。

私の所に来まして、私は、Rubellaを処方しました。

そうしたら、こんな風になっていきました。

ドライだったのがどんどんウェットになっていき、熱も出てきて、熱は引かないし、一気に湿疹もでないのです。約1ヵ月、このような状態で頑張りました。

この子の母親もホメオパスなのですが、電話口で毎日のようにどうしてこうなったのかと言われました。

「もう直ぐですから」と言い聞かせて、2ヵ月弱で以下の様に改善しました。

この子の母は「貴女のレメディーは間違えているのではないか?私もホメオパスだからよく分かる。貴女は先輩だけど、私の方が優れている」と思っていたのではないかと思います。

「もし、このような考え方を持っているならば、この子は治らないから、私を信じてください」と言いました。で、このように良くなって良かったです。

次は、溶連菌や猩紅熱に関して言います。

価値観のインチャがあり、人は常に正しくあるべきだ。きちんとしているべきだ。

与えられた責務をしっかり果たすべきだ。愚痴や弱音,泣き言を言ってはならない。

また、人は間違いを犯してはならない。罪を犯してはならない。人に迷惑をかけてはならない。

人は正しくあるべきで誤ったことをしてはならないと、善悪をジャッジしたがる意識。

日本人の方は、こういう性格の方が多く、よく喉を傷めて、溶連菌の扁桃腺炎を持っている方が多いです。それから、GBS感染で子宮に溶連菌を持っており、妊娠できない方もいらっしゃいました。その方が、溶連菌のレメディーをとったら、とても心が柔軟になり妊娠しました。

では、ケースを観たいと思います。

この方は、28歳男性。マッサージ師でスポーツインストラクターです。

主訴は、B型肝炎のキャリアで、めまい、立ち眩み、運転中にフワフワして貧血の症状がでます。

それでは、ケースをみましょう。

ケーステイク

[クライアント]

最近具合が悪くて血液検査を受けたら、やっぱりB型肝炎だと言われて、

抗体の数値が何かすごく1500に近いと本当に小さいときから持っているらしいのですけれど、陰性だけれどなんか慢性化しているんだねと言われて…

[由井]

インターフェロンを打たれたと言うこと?

[クライアント]

それをうけたほうがいいと言われたんですよ。

次の血液検査の結果が出てから、それはどうするか決めていこうね、なんて話しをされて、でも自分としては打ちたくない。

[由井]

脾臓が少し腫れているというわけね。

[クライアント]

少し腫れていると。

[由井]

あなたがこうやって人生生きてきて、一番辛かったのは何?

[クライアント]

小学校の時ですかね。転校したのですよ。

今になっても説明できないぐらいの強烈ないじめだったのです。

すごく仲良くしていた同級生と言うか近所の子が全部裏で仕組んでいて…

[由井]

裏切りだね?

[クライアント]

裏切り。それをずっと俺の近くにいて、自分は味方だみたいな感じだったのに、そういうのを仕組んでいたのが全部その自分の親友だと思っていた友達だったのです。

[由井]

どう説明していいかわからないぐらい苦しかったわけだ。だから君を見ていると無感動、無感情という言葉が出てきたのですよ。

[クライアント]

自分が何もしていなのに、悪いことになっていて、(たとえば、ある人の鉛筆が無くなり、この人のせいになっていた)

何もしていないから説明出来ないから怒られて、自分に全てかぶらせるというのですか。そういう風になってから感情を出せなくなりました

[由井]

そうすると感情はどこに入るかというと一番最初は肝臓に入るんだ。だから肝臓にすごく迷惑をかけたと言う事だ。

[クライアント]

人を信用出来ないというか、表面上の付き合いというのですか、人との。

小学校の頃に起きていた事をずっと思い返してみるんですね。頭で考えてもなんであの時、あーなったこうなったというのが見えなくて、思い出せない。

[由井先生]

辛かったからね。思い出したくないからね。

過去を書き換えるためにはやっぱりそこに戻るしかないんだね。

どう書き換えてもいいんだ。こいつら剣道でボコボコにやってもいいし、謝れと謝らしてもいいし、それをイメージ出来ればすごくいいよね

だから、●●ちゃん、あの頃は辛かったねって、言ってあげないと。大人のあなたが。あの頃は本当に辛かったなって。

[由井]

色々いじめられたり、騙されたりするだろ。でも君がいじめてない、君が騙してない。これが救いだよね。騙した者やいじめた者はまたカルマで戻ってくるのだから。

全ては君に必要だったから来たのであって、何もいらないものはないのだよね。このような事件が教えてくれているものは、もっと自分を大事にすること。そういう事だ。

[クライアント]

はい。ありがとうございました。

*DVD終了*

 

彼は小学校5年間、ずーっと苛め抜かれました。人の消しゴムが無くなったり、ペンが無くなったりすると、それを盗んだのは彼だといつも怒られていました。常に学校の先生からも友達からも「こいつが盗んだ」とやられていました。彼はやっていないのです。親友という子が、いつも彼と学校に登校したり帰ったりするんだけど、その子が全部計画して、彼を陥れていたのです。自分はやっていないと言えば言うほど、証拠がないと言われて、怒られ続ける5年間でした。他の子達が「見た」とかいうからです。そういう状態でした。そりゃ、憤慨と怒りで肝臓が悪くなりますよね。

 

そこで、ZENホメオパシーの処方です。

肝臓サポート。ここで大切のはColocynth。抑圧された怒り。

朝にArsenicum。Arsenicumというのは、魂、心、体の三つのエネルギーやプラーナのエネルギーを正常化します。彼が運転中にフラフラしたり立ち眩みするのは、プラーナがおかしい、気の流れがおかしいからです。

ノゾーズは、マラリアノゾーズ。自分には神も仏もついていない。という信仰心の不足。

仕方がないですよね。あんなに苦しんでいて、自分は無実だと言っているのに、神様も仏様も誰も助けてくれずに、お母さん、お父さんもこの子を怒っていましたよ。

そして、Hepat-B。自分自身を生きていないとなると、B型肝炎に罹りやすくなります。何故かというと、問題が起きないように、起きないように、小さく小さくなって、彼は生きていました。

でも問題が起こるんです。

そして、夜のRutaは、ハーネマンのプルービングのマテリア・メディカ・プーラの中に書いてありますが、「無二の親友からの裏切り」と書いてあります。

では、ノゾーズをみてましょう。どういうインチャがあるかという事です。

■マラリア

自分の中に神性や仏性があることを信じていない。

自分の霊性的価値観を低く見積もっている。

霊性的に自己卑下しているから。魂の段階から自信がない。

 

■B型肝炎

相手に対し、自分をごまかそうとする。

いじめられても泣かないぞ。本当の自分を見せないようにしている。

相手からバッシングや文句を言われないように、小さく、小さく生きています。

 

こういう事をしていると、このような病原体が同じ心を持っているから去らないのです。

 

レメディーをとったあと12月1日の検査の結果

*私の所に来たのは、9月22日でした。検査した日は8月18日でした。同じような状態でありましたので、数値も同じ位だったと思われます。

AST (GOT)はアミノ酸を作り出す働きを持つ酵素です。

肝臓や心臓、筋肉などに存在し、これらの臓器に障害が生じると、数値にもすぐに異常が現れます。そのため、肝機能障害、心筋梗塞などを発見する際の重要な手がかりとなります。

レメディーが入ったら、一気に正常値に入りました。

ALT(GPT)は、アラニントランスアミナーゼ(グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)の略であり、肝臓にのみ存在する酵素です。肝細胞が何らかの疾患・病気によって壊れると、ALT(GPT)は血液中に放出されてしまう性質があります。

383だった数値が、レメディー摂取後は20になり、正常値に入りました。

肝臓や胆管の細胞がこわれると血液中にγ-GTPが血液の中に流れ出てくることから、「逸脱酵素」といわれます。そのため、γ-GTPは肝臓や胆管の細胞がこわれたことの指標として利用されています。

γ-GTPが血液中に多くなっても、それ自体が何か悪い影響をおよぼすことはありません。

γ-GTPが高くなる疾患には、肝臓の細胞が破壊される肝炎、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝などがあります。こちらもレメディー摂取後、正常値になりました。

MCH」(平均赤血球ヘモグロビン量)

赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビンの量を表しています。ヘモグロビンは酸素と結合して体の隅々に酸素を届ける役割をしています。こちらも、あと0.1で正常値に入ります。

このように、B型肝炎キャリアで、ウィルスをもったまま適応して生きなければならない方々が、たった1回のZENホメオパシーでここまで良くなっていくのですよ。

ところが、このMCVというのがありまして、これは赤血球1個の容積をあらわすための数字です。

その容積が小さくなってしまって行っているのです。正常値だったのに、レメディーを入れたら小さくなってしまったんです。

 

それでは、2回目を観ましょう。

 

ケーステイク

[由井]

先生は何と言っている?

[クライアント]

先生はもう、正常になったと言われて

[由井]

何かしたかと言われなかった?

[クライア ント]

おかしいと何回も言ってました。

[由井]

やっぱり。

[クライアント]

そこまで数値が高くなるとそこまで急激に良くなるのはない。

[由井]

まずないんですよ。

良くなったじゃない。これでいこう、嬉しい。凄い。

[クライアント]

嬉しいです。

前回来た時に子供の頃を話しをしたと思うんですけれど、無感情というか、そこの部分の記憶というのがずっと欠けていたのがあって、子供の頃の感情だったりとか思い出して、壮絶だったなと言うか、

記憶がなさ過ぎで何があってどうなったかというのが自分でも全然理解出来ていなかったのですね。

[由井]

見ようとしないんだよ、苦しかったから。蓋を閉めないと君、生きられなかった。どういうことを思い出したの?

[クライアント]

兄と母が違うんですね。

うちの母は最初自分を産む気が無かったらしいのです

[由井]

この間、相談会のあとに親と正直に話をしたわけだね。

[クライアント]

母は兄貴を立派に育てたいという気持ちがすごく強くて

自分の子が出来ちゃうとそのなんだ比べちゃって、私の方が可愛くなると言うのがわかっていたから、わざわざそういう風に厳しく育てたみたいなんです、私を。

叩くような事じゃなくてもそうしちゃったりとか、厳しく当たっていた部分がまずあったんですね。

厳しく育てられたなと言う記憶がそこでばーっと思い出して、

転校した時に田舎の学校だったので、まとめ役みたいな男の子に目をつけられて陰険ないじめが始ったんですね。

授業に使うものが無くなっていたり。

自分に友達を作られるのがその男の子は嫌で、けどその男の子は俺の事を味方だというような感じでずっといてくれていたので何でそうなるのか俺はずっと理解できなかったのですよ

[クライアント]

やってないのに怒られるのですよ

口でそれをうまく表現できなくて、やってないことはやってない以外何もないじゃないですか。だから説明しようにもないけれど、すごく怒られて、そのうちに自分がおかしいんじゃないかと思っちゃって

[由井]

自分を責めると言う事だよね。

[クライアント]

はい。

そのうちやっぱりおかしくなると周りの友達とうまくやれていたこともやれなくなっちゃったり、コミュニケーションがうまく取れなくなってきて、人との付き合いもいちいち頭で考えてするようになっちゃう。

[由井]

こいつは自分を傷つけないだろうか、考えながらやってしまうから、正直に自分の気持ちを言えなくなっちゃったのね。

[クライアント]

それが誰がやっているかとわかったのが5年生とかそれぐらい。だから5年間も

その頃は、その1年生から5年生の記憶は自分で消しちゃっているからなんかすごい頭にくると言う事も無く、やっぱりそこでも自分は無感情になっちゃっていたのかなと思うのです

[由井]

君の魂が萎えちゃうとそれは自ずと魂から心に影響するわけだよ。

そうすると生きていてもしょうがないじゃないって。

小さい頃は友達ありきなんだね。もっと小さい頃は母親ありきなんだよ。

母親は思い図って義理の息子を大事にして我が子だからわかるだろうと血が繋がっているから。

お母さんを信頼しようと思ったら兄ちゃんは可愛がられて、その悔しさも何も寂しさも押し殺して信頼できなかった。

信頼出来る人が一番信頼出来ない人だったと言う事を2回、母親とそれでまた親友だった子と2回君はこうなっているわけだよ。

誰も信頼できないじゃん。

次にこうね、心から腹を割って信頼したいと思ってても、一寸何かあると、あっ、やっぱりこいつはこうなんだとふっと引く傾向ができる筈なんだけれども。

[クライアント]

だから仕事の仕方も、やっぱりそんなに大きくやりたくないのですよね。

自分の口コミでひっそりとやっていたいというか、信頼してくれる人だけが来てくれれば良いなという感じで。

[クライアント]

過去に戻って消えていた部分が思い出されて…

[由井]

このレメディーを取った時に色々思い出したでしょ、それ必要なんだよ。

一番見たくないから記憶を消したわけだよ。これを再度見れるだけの力が君に出来たと言うこと、今君は受け取る力が出てきているんだ。是非それをやって貰いたい。

魂がそれを求めているんだ。ここに来て良かっただろ?

[クライアント]

良かったです。はい。

[由井]

あれもこれも苦しい思いをしたのはわかるけれど、これもこれも君の所の先祖のカルマだったと言う事もわかって良かっただろ。

[クライアント]

はい。

[由井]

感情出たらぐっと抑える、感情出たらぐっと抑える。

どうなったと思う?無感動、無感情になったんですよね?

今まで泣いてはいけない、怒ってはいけないとか人を疑ってはいけないとか全部が抑圧されてやってきたわけだよ。

そうすると本音が出ない、本音の付き合いが出来ないでしょう。

だからここに来るというのは、私とは本音でやらないと駄目だよ。

インチャ癒やしをするしかないんだ。日々感謝して生きるように。裏切られたというところを早く脱却していかないと。またね。

*DVD終了*

このように、裏切られるというのは、6代前の先祖の人をいじめ苦しめたカルマとの関連もあったようです。それに対して祝詞と心経を唱えてもらいました。

今回は腸内細菌のサポートで、12種類の腸内細菌のレメディーが一緒になって、数種のマザーティンクチャーに入っていますけれども。

腸内細菌が発達して、微生物、病原体をつくっているというのが私の言いたいところですので、大元を良くする為に腸内細菌を出しています。

レパトライゼーションをしたら、CausticumとChinaがトップにでましたので、朝にCausticumをLM2で出しました。針のむしろの人生で、人に同情的なところがあります。自分が辛かったからですね。

昼間に、もう一度、Hepat-Bを出します。何故なら、未だ本当の自分を生きていないからです。

Chinaというのは、先ざきを気にしてしまう脾臓によくて、免疫を高める。それから、血液をプールするところが足りないので、それを増やす為にChinaを与えています。

私の所に来る患者さんには、レメディーだけ与えて終わるのではなく、インナーチャイルド、自分自身を見つめて貰うと言う事をやって貰い、般若心経、祝詞という神道のマントラを唱えて貰います。霊的な傷があった場合、例えばカルマとか、なかなか治りにくいので、般若心経や祝詞をすることによって、神仏の許しが早まり、カルマがだんだんと楽になるという事を知ったからです。

そして哲学として、起こる事は、自分にとって必要な事なのだ、という哲学を持ち、受け入れて貰うようにして貰っています。

 

彼には、相談会の後にお手紙を書きました。

【2017/12/27 由井よりメール】

今回●●さんの霊格は前回より遙かに上がっていました。

やはり、●●さんが祝詞、心経をやってくれたお陰だと思います。

しかし、検査結果を見ますとレメディー後、多くの肝臓の数値は正常値になっていますね。しかし、血球の大きさが小さくなり容量が減っている指標のMCVが減り何故か気になり、神様に血球が小さくなった理由を聞きました。

前のカルマであった6代前の先祖の方をやってくれたので良い数値にはなりましたが、この抗体が下がりませんのでこれを中心に聞きましたところ9割が今世で作った●●さん自身のカルマで、自分を粗末にしてきた、自分自身を生きなかったカルマだそうです。

________________________

すると、クライアントから返信が届きました。

【クライアントからの返信】

とらこ先生に相談させてもらえた事は神が導いてくれた事だと思います。私は何度も自分の命を捨てようと思い限界が来る度に神は私を生かし続けられました。

神は無実の私をなぜここまで追い詰め苦しめるのか、どこにこの感情をぶつけたらいいのか、やるせない気持ちでいっぱいでした。

それで無感情になったのに無感情になってもなお無感情な心で苦しむ。そんなって事ありますか。。。

私がこの矛盾に気が付けたのはとらこ先生に無感情な部分を指摘されたからです。

今回とらこ先生に相談させてもらった事で私の小さい頃の●●ちゃんの記憶を辿ってみて5年間ほぼ毎日のようにいじめにあい本当にそんな事が現実に起こっていたのだろうかと…

大人の私ですら信じられない事が日々起こっていました。これを思い出すと、心が崩壊しそうなくらい酷かった。。。

良く耐えて生きてきたと涙が出ました。

私はいつから涙を流してなかっただろうか?思い出せません。

子供の僕を本当に救ってあげたい。こんな大事な事を気付くきっかけを作ってくれた事に心から感謝してます。なぜか不思議ととらこ先生には「先生」とつけて呼べます。

______________________

私も返信を送りました。

【由井からの返信】

●●さん、過去は書き換えることができるのですよ。

村のクラスメイトと共に楽しく遊ぶイメージまで行けたらとても楽になると思います。その前に小さい頃の●●君の感情を感じ切り、相手を怒ったり、謝らせたり、泣いたり、押し込めてしまった感情を表現させてあげて下さい。

あなたの癖として、少しでも反対されると、すぐ自分の思いや願いを引っ込めてしまうことがありますよ。大変な辛い目にあったのでこうなるのも無理はないのですが、その自分の癖を知ったがうえで、そこを忍耐をもって踏ん張るのです。

小さい頃の君である●●君が、あなたの助けを必要としています。

自分を救えるのは自分だけです。私は同じ道を通った先輩として、その道を外れないように指導させて頂きたいと思います。新たな自分を発掘し、魂のこの世で為すべきことをしていきましょう。

そうすることで本当の幸せと健康が手に入ります。

由井寅子

_____________________

 

彼の症例の分析をしたいと思います。

私たちの食べたものが腸で消化吸収されます。その栄養物は少々血球に分化されます。そして未熟な血球は門脈を通して肝に集められ、より成熟した赤血球となる。それを全身の血中に送り込む。

赤血球は炎症時には核のあるアメーバ型の白血球に変化し、血管から漏れ出て菌やウィルスと戦います。

出血時は板状の血小板に変化して出血をしている場所をふさぐ。

また正常な血球は細胞を作り組織を作る元となる。

癌などでは癌そのもののウィルスや治療のための抗がん剤や放射線によって血球が壊れ、血漿の中に取り込まれ、血液が血漿、体液に戻り、胸水、腹水の元となる。このように赤血球が壊れ、やがて体自身も死んでいく。

神の存在は疑うことなく、神は魂を人間に与えていると古神道に書かれています。

この世に人は一人一人自分に課せられた目的、宿題、カルマを持って産まれてきます。その目的宿題をせんがために活動できる肉体を父、母が作ってくれる訳です。

例えばお金持ちになるために頑張る。優秀になるために頑張る、など、この世的には正しいかもしれないが、魂的、霊的にはそんなことでなく、そういう生き方だと病気にならざるを得ないのです。

前世で敵と戦い、お互い傷つけ合い、憎しみの想念で亡くなったならば、今世でその敵ともう一度別の形で出会い、喧嘩の絶えない夫婦になるかもしれないが、お互いの言い分を聞き、和解し、受け入れ合まで、この関係が続きます。

それをせんがための肉体であって、お金を稼いだり、貪欲に暴飲暴食したり、自分を自分が責めて粗末にしたりするための肉体ではないのです。

その目的、宿題をいつまでたってもしない場合、神は体を病気にして、その道が間違えていることを人間に知らせます。

だからホメオパスがその病気を本人が気づくまで取ってはいけない。治してはいけないのです。

レメディーを入れても治らないパートがあるならば、なおさらそこに神の意志があることを知り、そうなるようにたとえ辛い出来事でも感謝の心を育てられるように導いていく事がホメオパスにとって重要な事です。

このクライアントの場合、血球の容積が小さいため、ヘモグロビン値も少なく、酸素を運ぶ力も少なく、突然ぐらっと来る激しい貧血で倒れてしまうのだと思います。それは自分自身を大切にしないから、赤血球も小さくなったのです。

そんな勇気のない●●さんにこういう形で神から警告しているのです。

どんな悪い出来事でも、評価されなくても、どんなにいじめられても、自分だけは自分を大事にする。そして自分の意志を通すというのがとても大切です。

 “人類よ、幸せになるために苦しくとも目の前に起こる出来事は、全て自分に必要なものと受け入れ、それを乗り越えたまえ”

 

●本当の予防は? その1

1.魂の汚れを綺麗にする。それは、この世的価値観を解放する(駄目な自分を許す)という事です。

優秀でないとか美人でないとか、母親の手伝いをしないとか、この世的価値観で自分を裁く事を止めましょう。そんな駄目な自分を受け入れ、許し、愛することで、自己否定感をなくし、自己肯定感が増えると思います。

 

2.心の汚れを綺麗にする。抑圧した感情(強い願い、欲)を解放しましょう(イメージの中で願いを叶えてあげましょう)。

たとえば、イメージで大事にしてほしかったと言って泣いて悲しみを表現したり、馬鹿にするなと言って、相手を叩いて土下座させて謝らせて怒りを表現したりしてください。

人の言葉で傷つくならば、何故、その言葉で傷つくのか、自分自身に聞きましょう。それは父親、母親があなたに言った言葉と同じで、その人に原因はありません。

 

3.体の汚れを綺麗にしましょう。症状は大切、有り難い。

賢くなって、有機の食べ物を食べましょう。

 

●本当の予防は? その2

免疫を高める。こと

  • 魂の免疫を高める事が先ず大切です。愛せる範囲を増やしていく。許せないものを一つ一つ許していく。許せる範囲を増やしていく事です。
  • 心の免疫を高めるために、感謝の心を養っていきましょう。感謝できることを一つ一つ増やしていく。今日ここに、この足で歩いてこれた、それだけでも感謝です。
  • 体の免疫を高めるために、不自然なものを体に入れない。体によいものを食べる。

予防接種は病気を予防していない。慢性病にしているだけ。

子供のかかる病気は、魂と心と体の汚れを綺麗にしているのです。後の人生を楽に生きるために必要なものであります。罹り切り、出し切るために、ホメオパシーのレメディーが助けになるでしょう。

自分が見捨てたもの、自分が見ないようにふたをしめたものを、見せるために、病原体が生まれ、感染し、感染症という急性病が生じます。

病原体はあなたの未解決な感情であるインナーチャイルドを救うために出現した自分の一部なのだということ。それがわかったなら、病原体への感謝の気持ちが生じるでしょう。

そして、自分が見捨てた駄目な自分を、できない自分を受け入れ、愛そうじゃないですか。

この世の一見「悪」と見えることは、あなたが抑圧したもの、あなたの中に潜んでいるどろどろしたものを現実に見せているだけだということ。

それがわかったならば、自分の中にあるどろどろした部分を見つめ、認識し、解放していかなければなりません。そしてそれに気づかせてくれた人を有難いと受け入れ、愛と感謝に変えていくことです。

否定からは否定しか生まれません。この世の苦しみは、否定の連鎖によって生じていると思います。

どこかで誰かが、否定を乗り越え、悪と考えられているものを愛することで、否定の連鎖を止めることができるのです。

病気も事故も怪我も、あなたの生き方、考え方が間違っていることを教えようとして体が犠牲になってくれただけの事です。病気はありがたい、病原体はありがたいんです。

その病気や病原体を否定していては、不自然になるのは当たり前のことです。

だから、「病気を否定するのは間違っていますよ」、「病原体を否定するのは間違っていますよ」、「感染症を否定するのは間違っていますよ」、ということを教えるために、予防接種というものが存在します。

これからワクチン被害はもっと拡大してくるでしょう。

なぜなら、いつまでたっても気づかないからです。病気を怖がるからです。

そして、予防接種の害が明確になったとき、今度は、予防接種が「悪」として責め立てるのでしょうか?

予防接種、製薬会社を否定してもしょうがありません。

予防接種も、私たちの間違った考え、魂と心の汚れを現実に見せるために生じたものだから、やっぱりありがたいんだということなんです。

予防接種に、自分たちの間違いを教えてくれたありがたい存在と感謝することで、否定の連鎖を裁ち切り、自然体で生きていくことができるようになるのです。

予防接種が悪だとして責めている限り、外側に責任を押し付けているだけで、自分は何も変わってはいないのです。だから、その責める自分を外側に見るために、次の悪が生じるのです。これでは世の中から悪はなくなりません。

外に生じる悪を自分の問題ととらえ、悪と考えられているものに感謝し、自分の生き方、考え方を変えることで、悪は消え去り、この世の中から悪がなくなっていく筈です。

結局、自分の中に何かを悪とするこの世的価値観がある限り、この世の中から悪はなくならない。悪の出所は自分の中の魂の汚れにあるのだということです。

人は病気、事故、怪我という苦しみに遭遇しないと、なかなか自分を変えることはできないものです。

しかし、ホメオパシーは自分の中にある、自分を否定し、人を否定するこの世的価値観や抑圧した感情を明らかにする助けとなると思います。

そして日々生じる感情からインナーチャイルドを癒していきましょう。病気、事故、怪我という苦しみを受けとることなく、楽に生きていくことができるのです。

それには、インナーチャイルド癒しをし、ホメオパシーのレメディーを摂り、霊性を上げると言う事です。それには、日々感情を生じさせる出来事から、相手に怒りを感じるのではなく、感謝に変えていけるかにかかっています。それはいかに否定の連鎖を止め、愛に変換できるかにかかっているということです。

Love yourself(自分自身を愛して下さい)。

ご清聴有難うございました。