世界ホメオパシー認識週間(WHAW)日本正式登録イベント 「健康の秘訣は強い腹!人生を変えるホメオパシー」が開催されました

毎年4月10日から1週間はホメオパシーを愛する人々が、ホメオパシー医学の生みの親ハーネマンの生誕を祝い、感謝の気持ちを捧げると共にホメオパシーの良さを広くPRするイベント世界ホメオパシー認識週間(WHAW)が世界各地で行われます。 インドでは政府主催のホメオパシーDAYを祝うイベントが盛大に開催され、参加のお誘いを受けていたとらこ先生の祝辞も参加者に共有されました。 今年の世界統一テーマは「消化器疾患のためのホメオパシー」。 そのテーマに合わせ日本においては「健康の秘訣は強い腹 人生を変えるホメオパシー」をテーマにイベントが開催され全国で120名を超える方々が参加いたしました。冒頭、松尾敬子JPHMA会長が開会の挨拶を行い開幕しました。   ワールドワイドホメオパシー上映 現在、ホメオパシーは世界で推定10億人以上の方々に利用されています。日本人だけが知らない世界の常識。世界15カ国のホメオパシー事情が映像で上映されました。 YouTube link: [embed width="400" height="250"]https://www.youtube.com/watch?v=EYu5tDGgRaU&list=PLbyRCtvP4NH3kJOJCok9opXJ_G49EbNpq[/embed]   松尾敬子JPHMA会長 発表「消化器疾患におけるホメオパシー」 胃潰瘍(ピロリ菌)のケース、脂肪肝のケースなど3ケースを共有されると共に、消化器や腸内細菌などがレクチャーされました。ユーモアたっぷりのレクチャーに会場からは笑いがおこりました。   体験発表 「潰瘍性大腸を乗り越えて」 由利敦ホメオパス 主治医からホメオパシーを紹介された事がきっかけでホメオパシーを知り、RHA(CHhom)に入学。潰瘍性大腸炎を乗り越えたリアルな体験談からは学ぶ事が多く、自分の感情を抑まず、インナーチャイルドとその背後にある価値観を解放する事の重要性が伝えられました。   ビデオメッセージ 高野弘之 豊受クリニック医院長 「腸は第2の脳」と言われるが、研究が進むにつれその重要性が益々わかりつつある。その鍵を握るのが「腸内細菌」であり、これを大切にするライフスタイルが重要とのメッセージが伝えられました。   豊受自然農「強い腸を育てる豊受自然農」 富士山を仰ぎ見る静岡県 函南町 六本松の圃場を中継で結び、豊受自然農スタッフ吉田誠さん、松永高茂さん、大脇達也さんが腸を元気にする豊受の農作物や発酵食品の魅力を伝えました。溌剌とした発表からも、豊受がつくる食品に気が満ちている事が感じられる内容でした。   由井寅子JPHMA名誉会長 基調講演「健康の秘訣は強い腸」 胃癌治療後のケアの症例がとりあげられました。相談会毎にクライアントさんが病気の背後にあるインナーチャイルドの間違った生き方、感じ方、考え方が病気をつくっていた事に気づいていくやりとりは心に響くものでした。また、各臓器が病気に至る背後にある霊的な原因、病理を惜しげもなくレクチャーしました。体心魂の三位を一体にみるZENメソッドの奥義に、参加者は大きくうなずき、神仏へ繋がる神秘を感じているようでした。 最後に、日本にホメオパシーを伝えただけでなく、日本人の病気の背後にある食の問題、自然農、インナーチャイルド、信仰心を取り戻す事の重要性を説き、静かな革命を起こしたとらこ先生に感謝の気持ちを込めて、大きな拍手が送られました。 参加された皆様、とらこ先生、松尾先生、由利先生、ありがとうございました。   <参加者の感想> ●最初に流れたホメオパシーの映像とても素晴らしかった!カラフルな絵に曲でワクワクしました。TVのCMで流してホメオパシーをもっと色々な人に知ってほしいなと思いました。松尾先生の情報盛りだくさんの内容とてもありがたいです。由利ホメオパスの体験談は価値観を手放す大切さを改めて実感しました。函南の話の中で風が食物繊維を増やすというのは興味深くいつも美味しい野菜たちを育ててくれるスタッフの話とてもおもしろかった。函南ツアーと授業が重なってしまっているのがトホホ涙です…またの機会にぜひ参加したいです。とらこ先生のケースを見てインチャの大切さを改めて実感します。私もインチャコースを学んで本当に本当に良かったと思います。先生の話は大切なことの中に笑いも含めていつも面白いです。私も農業やりたいと思いました。京都行きたいなー。ペットフードの開発に取り組んでくれているなんてとっても嬉しいです(ハート) ●PPKがわかりやすかったです。ちょうど3日前に学生相談を初めてやることになり、胃と腎結石の方の相談を受けたところでした。ピロリ菌除去した方でしたので、今日の講義は大変参考になりました。お話を聞けたのは偶然ではなく天からのヘルプのように思えます。あっという間に感じた松尾先生のお話でもっともっと聞きたかったですが、今自分に必要なことを頂けたと思えました。大変感謝しています。ありがとうございました。必要なものは全て与えられるということを思い出しました。自然農のこと、潰瘍性大腸炎をホメオパシーで乗り越えた体験など大切な事例も聞けてよかったです。自然農の大切さなど貴重なお話盛り沢山でした。胃の不調の話も大変参考になりました。ありがとうございました。 ●寅子先生、松尾先生ありがとうございました。改めて、真の食の大切さ、真の食を追究する先生の姿勢を知ることができました。又、ホメオパシーを使い、インナーチャイルドを癒し、豊受の野菜を使ってクライアントさんを治癒に導く先生達の努力、本当に素晴らしいと思います。又、今日のテーマである腸。第2の脳とも言われ、造血をしているこの重要な臓器の大切について多くを学べました。紹介されたサポートチンクチャーを摂ってケアしてゆきたいと思います。楽しく講義をありがとうございました。 ●2月から授業がなかったので、豊受野菜を食べる機会もなく、食生活が乱れていて、腸内環境がとても、よくない状態である私に、今日の松尾先生、とらこ先生はじめ、先生方の講義は私にカツを入れてくれました。やっぱり腸、食は大切であると再認識しました。アクティブ・フローラ、毎食とりたいです!! ありがとうございます。日本人として私は何ができるんだろうと日々考えさせられます。夫が全く農業に興味を持たず、都心に住み続けていくことに違和感ありの毎日です。 ●松尾先生のケース、とても勉強になりました!高野先生も腸について話してくださり、その流れで函南農場の野菜を使ったメニューを見たら食べたくなりました。授業と重なってしまったので、行くことができず残念です。寅子先生の農場のお話が聞けて良かったです。20年前、日本にホメオパシーを広める活動を始め、農業、化粧品作りを始めてくださったこと、本当に感謝しています。これからも学校に来た際に、野菜や豊受の商品を購入できることが幸せです。私も自分の身体動かして少しずつ野菜作りがしたいです。 ●子供がとらこ先生見たい!と、一緒に今日は来ました。乳児室の用意をして下さり、本当にありがとうございました。発酵食品の大切さ...というか、良い食事をとるのが、魂、身体、心の基本だと改めて感じられるお話しでした。夫は外食が多く、心配ですがMTも、レメディーもプラスしてケアしていきたいと思います。ありがとうございました。 ●松尾先生のお話は軽快で楽しく聞きました。レメディーをいろいろ教えていただき活用したいと思います。由利先生のお話は、感情のところの話が特に参考になりました。自分の感情を抑えることなく、うまく出して、腸に負担をかけないようにしたいと思います。腸は第一の脳かもしれないのですね。脳と小腸がなんとなく姿・形が似ているなぁ、と思ってしまいました。 ●膵臓の1/3、ひ臓は全て、失った私にとってはこの消化器のお話は貴重でした。確かに胃も痛くなりやすい弱い方だと思います。もしかしたらピロリ菌もあるのかも知れませんが、健康診断に行かないことにしている私には、あるのかないのか知る由もありません。本日の貴重な講義でまたひとつ学びが増えました。本当の教えを知ることができます。ありがとうございました!! ●松尾先生の、いつもおわかりやすく、早口な!お話でした。ピロリ菌の症例と処方は、とても興味深いものでした。ありがとうございました。PPK(ピンピンコロリ)をめざし、KKS(介護カイヒセット)を参考にします!由利先生の潰瘍性大腸炎のお話も良かったです。豊受の農業の方々のお話、帰りに野菜を買って帰ります。寅子先生のケースも良かった。ジビエが楽しみです。 ●腸の大切さ、あたりまえのことでも、意識してないとつい、おざなりになってしまいます。日々、気をつけたいです。農業の大切さ、今、家庭菜園をやりながらしみじみ思います。ほんの少しずつでも、国民1人1人が野菜をつくっていくといければいいな、とおもいます。「タネ」はみんなで自家採りして、、、ありがとうございました。 ●毎回参加する度にありとあらゆるレメディが自分に必要だと感じます。私も怒りを出さないですが怒りを出している人の方が健康で好きなように生きている気がします。そういえば今より感情を出さなかった学生時代は下痢ばかりしていました。今はずいぶん元気になったのは学びのおかげだと思います。ありがとうございました。 ●腸内細菌が私たちの全ての性格を作り出していることや、食べた野菜で発酵傾向や腐敗傾向となることが分かったので、食べ物には十分気をつけていきたいです。また病気は自分自身が作り出しているので、これから口にするもの、生活の仕方には気をつけようと思います。ありがとうございます。 ●intestinal floraは研究が盛んな領域と聞いており、ホメオパシーでもアプローチが進んでいることを聞いて、本質的、そして心強く思いました。実践してみます。松尾先生のレクチャーは親しみやすく分かりやすくて大好きです。寅子先生のレクチャーを初めて聞きました。感動しました。 ●消化器の問題を持っている人はとても多いと思います。腸と食事の大切さを改めて感じました。豊受の土の販売があると嬉しいです!ぜひ販売してください!!今日もありがとうございました。犬猫フードも楽しみです!! ●どのお話をされた方もそれぞれの分野で意識を高く持って、お仕事をされているところに感動しました。そして、とら子先生のお話はやはり心を打たれました。また、自分も頑張ろうと力が湧いてきました。ありがとうございました。 ●とら子先生のお元気な姿と、松尾先生のかわいらしいお話しに刺激をたくさん頂きました。私自身も考えていることがありますが、何か見え始めてきている気がします。ファミホメを受けようかと思い、その為のやるべきことをがんばりたいと思います。 ●松尾先生のケースはとても参考になります。すばらしいです。豊受のみなさんの活動も楽しそうですばらしいと思います。とら子先生のインナーチャイルド癒しのアドバイスは、私にもすごく参考になりました。こらからのイノシシやシカの行く末まで考えられていてすごいと思いました。うちの夫が、趣味の域ですが、イノシシ、シカをとりにいくので、そういうのをやってほしいと思いました。シカ肉おいしいです。 ●どうもありがとうございました。学生相談で潰瘍性大腸炎の方のケースを行っておりますが、病院に行くと薬が出て…治らず…、レメディーでも炎症反応がおさまらず…のくり返しで、どうしたらいいか教えて欲しいという思いで聴講しました。でも自分の腸について考えることや教わることがたくさんありました。人よりまず自分を大切に…ということをあらためて感じることができました。どうもありがとうございました。 ●様々な症例を見る事ができて面白かったです。又、様々な疾患は、腸から来ているという話も改めて感慨深かったです。自分ががまんする、という感情はどことなく美談のようなイメージがありますが、自分を粗末にするという事に直結してしまうので、考えてゆかなければいけないと思いました。 ●実際の体験談を聞くと、ホメオパシーって本当に素晴らしいと思います。レメディーだけでなく、食習慣や、生活習慣も同時に見直して間違った価値観も見直していく。自分の人生を振り返り、自分ってどんな人生を歩んできたのか気付いてないストレスや傾向に気付いていく事が必要。だけれど、そこが難しい。自分もまだインチャの癒しが出来ていません。課題だなと思います。 ●大変貴重な講演会でした。ありがとうございます。まさに丁度、胃について着目していたところで、サポートの胃を摂ってみようとしていたので、本当にありがたい、必然だと思い、受け取りました。 ●内容の濃いセミナーでとても勉強になりました。惜しげもなく教えてくださることに感謝です。大切なことは私がCHhomを卒業した後も変わっていなくて安心しました。これからもブラッシュアップし続けなくてはと思います。ありがとうございました。 ●とても盛りだくさんの内容でした。松尾先生のケース症例、由利先生の体験談、豊受野菜のお話、そしてとらこ先生の総括と。どれも素晴らしい内容でした。ありがとうございました。 ●症例はとっても勉強になりました。ピロリ菌の処方、また使わせていただきたいと思います。食べ物の大切さ、とても感じます。これからもっと多くの方が自然農に関心をもってもらえると嬉しいです。ありがとうございました。 ●便秘、下痢の方、すごく増えてます。ピロリ菌で抗生剤使用した方も。サポート潰瘍、小腸、大腸、すごくありがたいです。腸と肺の関係。脳梗塞、心疾患と大きな病気との関係。簡単に理解しやすい話でした。潰瘍性大腸炎の体験談ありがとうございました。発酵食品頑張って摂ってます。 ●松尾先生のピロリ菌ケース、とってもありがたく勉強になりました。松尾先生のケースのお話ももっと長時間聴きたかったです。とらこ先生の農業の大切さ、6月豊受イベント、今からとっても楽しみです。ありがとうございました。 ●腸と心(精神)が密につながっていることが良く理解できました。健康診断を受け、ピロリ菌除去を勧められ心配になっていました。今日の体験談を聞かせていただき、サポート、腸内細菌、小腸、大腸をためしてみようと思いました。腸内細菌が性格をつくっている、には納得できました。食の大切さを改めて考えさせられる講演会でした。ありがとうございました。 ●久しぶりに、松尾先生のお話を聞けて嬉しかったです。ポイントを押さえてレメディーの話、処方例、そして、サポートチンクチャーがどんなに良いものかがわかりました。豊受の野菜、化粧品等がいかに良いもので、自分に大切か知ったので、少しずつでも増していきます。アクティブフローラは、素晴らしいですね。 ●豊受の食物や加工品の素晴らしさを再認識できました。しばらく食に対しておざなりになっていたので、この機会に自分を見つめなおせたらと思います。腸内細菌が人格をつくるという、目からウロコでありました。 ●ありがとうございました。食べ物の大切さ、腸の大切さを改めて認識しました。心が病んでいるから、体が痛む、これが究極ですね。これからも、食、生活環境に気をつけながら、インチャ癒しに取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。 ●とっても内容の濃いお話でした。私も生まれつき腸は弱く母は大腸がんで亡くなっています。なので消化器系のセミナーは私は今日は来て良かったと感じました。人間、動物も腸の悪い人、犬も意外と多いのです。レメディーの使い方も勉強になりました。 ●腸内細菌叢の乱れは、心にも影響を与えてしまい、肥満や糖尿病の原因になっていることを初めて知りました。大麦や水溶性の食物繊維の食べ物を意識して取り入れていきたいと思いました。自己免疫力をもっと高めていきます。 ●もりだくさんの内容でとても勉強になりました。CHhomでやっていることは素晴らしいことだなーと、あらためて感動しています。この学校の学生であることに誇りに思っています。参加できてとても良かったです。 ●松尾先生、とても勉強になります。ありがとうございました。でもちょっと早いです。トラコ先生、まずは台所から!毎日大切にします。来てよかったです。ありがとうございます。 ●久しぶりに講演会参加しました。とても食生活の大切さを日々感じて暮らしていますので今日のテーマはとても生活にすぐ生かしていけるアイディアを沢山頂けました。ありがとうございました。 ●松尾先生、由利先生、由井先生ありがとうございました。私も下痢しやすい体質なので、今日はとても勉強になりました。認知症や発達障害などの食事についても今、本を読んだりしています。認知症の祖母にレメディーを飲ませたり、豊受の食事を与えたりしてみたいと思います。 ●ピロリ菌の除去ができることに感動しました。脂肪肝の処方もありがとうございました。由利先生、潰瘍性大腸炎の体験、とても為になりました。ありがとうございました。とらこ先生、次々に体に良い新商品、ありがとうございます。 ●先生方のケース等をお聞きし、勉強になりました。又豊受の方々の作物や加工の説明は楽しく聞かせていただきました。こちら大阪にもレストランができたらいいですね。 ●今日も本当に素晴らしい内容で感動致しました。とらこ先生、松尾先生の教えをクライアントさんにしっかり伝えて、私自身も頑張って参ります。 ●大阪校の講師の人の、潰瘍性大腸炎の体験談が、とても参考になりました。松尾先生のケースの症例も、とても良くわかりました。もりだくさんで、楽しかったです。ありがとうございました。 ●消化器が元気になる。強くなる話をもう少し聞きたかったです。ピロリ菌の話は身近なケースなので、聞くとこができて良かった。腸と腸内細菌の必要性、重要性が良くわかりました。 ●今回も実のあるお話、充実した内容、ありがとうございました。いつものことですが、今日もたくさん響くものがあり、自分にできるところからまた実行して行きます。今後ともよろしくお願いいたします。 ●松尾先生の貴重な講義、ケースを聴くことができ大変勉強になりありがたく感謝しております。由井先生のパワー松尾先生のパワーをいただきエネルギーチャージできました。ありがとうございました。 ●松尾先生のケースは大変勉強になりました。これからのセラピーに参考にさせていただきます。何度聴いてもとらこ先生の講義は素晴らしく力強く感動します。 ●エネルギッシュなお話をありがとうございました。腸内細菌の大切さと、自給率=国の繁栄を改めて開眼したような時間でした。黒大豆みそを買って帰り、今晩のおみそ汁にしたいと思います。 ●腸の大切さを改めて教えて頂きました。ありがとうございました。発酵食品、元気な野菜をとっていこうと思います。由井先生は素晴らしい! ●素晴らしかったです。腸の大切さは理解しているつもりでしたが改めてわかったことがたくさんありました。発酵食品もっともっと食べようと思います。 ●本日も貴重で楽しいお話をありがとうございました。庭付きのおうちを買えばよかったなぁと思いました(汗) ●食の問題が国防の問題につながっているというのは、まさにその通りと思いました。京都シンポジウム、是非参加したいと思います。ありがとうございました。 ●食がやはり一番。私も微力ながら、今年から10坪程度、自然農の貸農園で始めました。歩みは遅いですが、先生の教えを食やホメオパシーを根付かせる一助となっていきたいです。 ●とらこ先生が本物の食べ物を作ってくれて、本当に感謝でいっぱいです!!ジビエも楽しみです!! ●とても腸が大事なことを再認識しました。腸にいいレメディー、商品、たくさん買わせていただきます。 ●腸がどれだけ全てに関わり、大切なものかがわかりました。ありがとうございます。 ●大腸の大切さが改めて分かりました。食事も大切だなと思いました。 ●豊受の話が興味深く、映像が多く理解しやすかったです。 ●松尾先生のケースは、大変参考になりました。 ...

とらこ先生は、日本豊受自然農の代表も務めています。豊受自然農の活動は、自然農に留まらず、自分達で育てた農作物を使って安心安全な発酵調味料も製造しています。 ここでは、豊受極上生醤油についてご紹介させて頂きます。 1. 兎にも角にもまずは味。 搾りたての醤油はやはり美味しい!!まずはそのままで味わってみて下さい。味に深みがあり、まろやかな、大豆本来の味が感じられます。そして一般の醤油では味わえないもろみの芳醇香り感じて頂ける逸品です。 作り方にもこだわった昔ながらの「生揚げ製法」。加熱殺菌、成分調整などを行わないため、保存性や瓶詰めの難しさにより、醸造元でしか味わうことができなかった幻の醤油です。 2. 安心安全な原材料を厳選 醤油の原材料となる大豆、小麦、塩は自然で安心安全なものを厳選し今の醤油製造でよく使われる添加剤などは使用しません。主材料となる大豆は、最初の仕込みから豊受自然農静岡産の大豆『福豊』を使用しています。また小麦は自然栽培のものを使用、塩は海洋深層水から採取した天然塩を焼き塩にしたりそのまま使用しています。さらに発酵や健康のことも考えレメディーも加え、杉桶で発酵・熟成されたもろみを搾って詰めています。 3. 菌たちに配慮した木桶を使った天然醸造 天然醸造では住みついた麹菌などの菌たちの環境と春夏秋冬の温度変化だけに頼って発酵が進みます。その菌たちの住処となる木桶はとっても大切な役割を果たします。江戸時代までは醤油、味噌などの全ての発酵調味料の醸造は、木桶での天然醸造によって造られていました。時代とともに1年から3年もかかりコストもかかる木桶での天然醸造は敬遠され、人工的な温度管理・添加剤・エコノミーな製造容器での生産が主流になり、木桶を使った天然醸造は今や醤油生産量の1%以下になりました。豊受自然農では、現在日本では唯一醤油など醸造用の木桶を製造している小豆島の桶屋さんに発注、杉板を使った木桶での静岡県函南の加工場での醤油の天然醸造をスタートしています。 4. 酸化防止密閉ボトルを使用 料理は作りたてが美味しいのと同様に、醤油も搾りたてが美味しい。醤油は経時劣化が弱点でした。しぼりたて無殺菌、成分無調整、無ろ過、酵母が生きている「生揚げ醤油」を、空気に触れない、鮮度を保つ酸化防止密閉ボトルを使用。醸造元でしか味わうことができない生醤油をいつでも新鮮にご家庭でお楽しみ頂けます。 【豊受極上生醤油 生揚げ】 https://mall.toyouke.com/index.php/product/948 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ そして‥その豊受極上生醤油『生揚げ』のさらに上を行くのが生揚げ2年熟成の『重ね仕込み醤油』。 『生揚げ』醤油にさらに麹を仕込んでもう1年かけて作られます。2倍の時間と2倍の原料、2倍の手間をかけて完成しました。火入れをしない微生物がまだ生きている生醤油に、新たに仕込んだ麹の微生物とが相まってより一層のうまみを醸し出しています。非常に濃厚で芳醇ですが、塩分濃度は逆に低くなります。 【重ね仕込み醤油】 https://mall.toyouke.com/index.php/product/1272 ...

2月25日(月)13:00~13:10 静岡のTBS系SBSラジオの人気番組「鉄崎幹人のWASABI」のコーナーにとらこ先生が出演しました。 昨年10月に引き続き、日本豊受自然農のユニークな取組みがトークで紹介されます。 前回の出演が大好評で今回リピートでの出演となり、スタジオで収録が行われました。 今回も、森林など自然をこよなく愛する鉄崎幹人さんとの息もピッタリ!収録は、大変な盛り上がりとなり、さすがとらこ先生 やり直しなしワンテイクでの収録となりました。 視聴者への日本豊受自然農の商品プレゼントも大好評!...

とらこ先生 春の全国講演ツアーがはじまります!! ライブ講演はバイブレーションが違います。 この機会にぜひ、魂・心・身体で感じてください! とらこ先生が、今最も伝えたいテーマを伝える好評のシリーズ。その第5弾です。 今回はとらこ先生が、幸せに楽に生きる真髄についてお話します。 私たちは、大自然(神さま)、ご先祖(仏さま)、人々のお陰で生かされています。 そこにどれだけ気づけるか? どれだけ感謝して生きられるか? にかかっています。 信仰心をもって生きることは、安心と安らぎのベースとなるものです。 日本人が本来もっている信仰心を目覚めさせ、幸せに生きてみませんか。 【スケジュール】 2/10(日)福岡 2/11(月祝)大分 3/9(土)名古屋 3/10(日)大阪 3/16(土)札幌 3/24(日)仙台 4/6(土)東京 【お申込み・お問合せ先】 College of Holistic Homoeopathy (CHhom) カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー (CHhom) http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2019spring_1.php...

10月31日、静岡のSBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」にとらこ先生が出演させていただきました! 日本豊受自然農から沢山の野菜をお持ちし、畑でとれた野菜やハーブを原材料とした無添加自然レトルト食品や農家のつくる化粧品などをご紹介しました。 パーソナリティーの鉄崎幹人さん、大槻有沙さんには、日本豊受自然農で育てている、在来種・固定種の個性豊かな野菜の魅力、味の違いも感じていただけたようで、大人気のポテチも「おいもの味がしておいしい!」と仰って頂きました。 スタジオでは、卓上に飾り、ハーブティーとしてもお出ししたホーリーバジルの香りに包まれ、その香り高さにも驚かれていました。これだけ香りがしっかりとしているのも、自然農ならでは、です。 この日はハロウィーン。パーソナリティーの鉄崎幹人さん、大槻有沙さんをはじめ、SBSの皆様、仮装を楽しんでいらっしゃいました。 ...

*この論説は、2018年7月21日、スクール・オブ・ファーマシーにて開催された「ZENホメオパシーによるホメオパシー的予防 by Torako Yui スペシャルゲスト、トレバー・ガンとシーラ・ワトコット+UKプレミア上映「真の免疫の探求」から引用・編集されました。 私は、日本に戻り、ZENホメオパシーというハーネマンをベースとしたハイルクンストを実践しています。 私は、日本人の難病を治療するうち、病気は体だけにあるのではなく、心や魂にも病気があり、体だけを治しても心と魂の病気を治療しないと、体の病気が再発することがわかりました。また、食や環境を変えないと体の病気が再発することがわかりました。 日本人の状況があまりに凄かったから、ZENホメオパシーを発見するしかなかったのです。 日本人の多くが信仰心を失い、道徳に縛られ、感情を抑圧し、自己否定感が強く、農薬まみれの野菜や石油由来の食品添加物、人工甘味料、薬やワクチンなど、毒物でも何でも、偉い人が言うとそれを信じて摂ってしまう、というところです。 ハーネマン自身が、病気を治すにはホメオパシーだけでなく、間違った生き方、考え方、生活様式、食事などが自然になるよう、多角的なアプローチが必要だと言っています。これらを総合的に見るハイルクンスト、真の治療家であれ、と言っています。 またハーネマンは『慢性病論』の中で「心の苦しみと怒りのもとにいる患者にはホメオパシーが効かない」と言っています。 人間というのは魂・心・体の三位一体の存在であり、病気も、魂・心・体のそれぞれに存在します。魂というのは、存在目的、生きる目的、価値観、信念のことです。人間の魂の中核には、「全てを愛する(=許す、受け入れる)ことが善」という価値観持っていると考えています。 親から「良い子でなければ駄目だ」「美人でなければ駄目だ」「優秀でなければ駄目だ」と否定されると、その親の価値観を信じてしまい、その価値観で駄目な自分(良い子でない自分、美人でない自分、優秀でない自分)を愛する事ができなくなります。こうして自分や人を愛することに条件が付き、魂が穢れてしまうのです。 このような悪(否定)のある価値観をこの世的価値観といい、この世的価値観を信じることで魂が病気となってしまうのです。一方、否定のない価値観、善だけの価値観を霊的価値観と言います。霊的価値観の代表が「全てを愛することが善」です。 そして魂が病気になることで(この世的価値観を信じることで)、障害(悪=否定)に遭遇することで、感情が生じます。たとえば、「悪い子」「かわいくない」「馬鹿」と言われることで、悲しみ、恐れ、怒りという感情が生じます。この感情が心の急性病です。急性の感情が生じるとき、体はストレス状態(思い通りにしたいのに思い通りにならない状態)にあり、思い通りにしようと、アドレナリンが出て、交感神経優位型となり、筋肉が固くなり、血流が滞り、老廃物の排出が停滞します。 しかし、親が「泣くな」「逃げるな」「怒るな」などと感情を出すことを禁止すると、感情を出すことを我慢し、未解決な感情なって潜在意識に沈みます。この未解決な感情をインナーチャイルドいい、心の慢性病のことです。急性の感情を抑圧すると、ストレスが慢性化し、慢性的な筋肉の凝り、血流の停滞、老廃物の蓄積が生じ、ある一定以上、老廃物が蓄積すると、体の自浄作用が働き、発熱、発疹、下痢、嘔吐、咳などの急性病を生じます。これが体の急性病です。この急性病は病原体の力を借りて行うことがあり、感染症と呼ばれています。本当は、感染症は自然が為す同種療法なのです。 このように、魂がこの世的価値観に感染し病気になると、やがて感情という心の病気が発症し、感情を抑圧することで、やがて体の病気が発症するという構図があります。 ですから、体が病気だからと言って、体の病気治療だけしていても対症療法でしかありません。もちろん、ホメオパシーは体だけでなく心も同時に癒す療法ですが、心の治療にホメオパシーだけでは限界があります。心と魂を癒すインナーチャイルド癒しが大事です。意図的に自分の感情を感じ、なぜこのような感情が生じるのかを自分に問いかける必要があるのです。 私は、ハーネマンの教えを基本にした、魂・心・体を三位一体で治療するホメオパシーの三次元処方に、現代人に合わせてハーネマンを越えて行くために、心の苦しみを楽にするためのインナーチャイルド癒しを取り入れ、大元の考え方を自然にするために(魂を癒すために)、信仰心の向上や否定しない考え方の指導、そして、不自然なものを体に入れないために、食事や環境の指導も含めたものを加え、ZENホメオパシーを完成させました。 簡単に言うと、ZENホメオパシーとは、人間を魂・心・体の三位一体で治療していく方法です。   ホメオパシーの三次元処方 ①魂の治療として、病原体のノゾーズを使います。 ②心の治療として、全体症状から導かれるメインレメディー(ストレスレメディー)を与えます。植物か動物のレメディーが多いです。 ③体の治療として、マザーチンクチャーにティッシュソルトや臓器適合レメディーを加えた臓器サポートレメディー。あるいは、薬害や環境毒の排出のためのデトックスレメディーを使います。 慢性病をもっている方、難病を持っている方にZENホメオパシーのアプローチはとても大切です。   ホメオパシー以外の三次元治療 ①魂の治療として、インナーチャイルド癒しによるこの世的価値観の解放。霊性学。信仰心の向上をして頂きます。 ②心の治療として、インナーチャイルド癒しによる抑圧した感情の解放。例えば、今の上司に対する怒りは小さい頃に我慢した父親への怒り(インナーチャイルド)であると認識し、あのときは怒りたかったよね、と言ってインナーチャイルド共感し、怒ってもいいよと言い、インナーチャイルドが父親に怒りをぶつけるイメージをして感情の解放をしてあげます。この抑圧した怒りを解放しない限り、同種の出来事で急性の怒りは生じ続けます。 自分を大事にするという事は、このように過去の抑圧した感情を思い出し、その願いを聞いて叶えてあげることです。怒りの奥には、恐れや悲しみがあり、最終的には親から駄目出しされた駄目な自分を許すことで、この世的価値観を解放していくことができます。 インナーチャイルド癒しの詳細は、新刊『インナーチャイルドの理論と癒しの実践』やDVDをご覧ください。   ③体の治療としては、不自然なものを体に入れない生活指導や良い食事の指導です。 このようにしてZENホメオパシーをやっていって、これらをふまえた上で、予防についてのお話をします。 ワクチンの中には、弱毒化した病原体が入っていますよね。そして、直接体内に注射で入れます。 本来であれば、マクロファージ、好中球、ナチュラルキラー細胞などの白血球が働き、病原体を排出する筈です。でも、ワクチンの皮下注射によって一気に体の深部に病原体に侵入されてしまうので免疫がうまく働きません。直接侵入しますので、免疫が上手くいきません。 そこで、一時的に病原体に抗体をくっつけて、とりあえず、病原体を不活性化させようとして、旗を立てます。このときの抗体はIgG抗体です。IgG抗体が血中に多いという事は、自分を攻撃する難病の自己免疫疾患を起こしやすいという事になります。 このようなことは15年前にここにいるトレバーさんが日本に来て、教えてくれました。 そこから私は色々な患者、自閉症をみまして、私自身が発展していったものをお伝えします。 健康であれば、そのIgG抗体が結合した病原体を、あとでマクロファージなどが食べに来ます。しかし、既に低下している免疫力と皮下注射による不自然な侵入の仕方で免疫が混乱して、それができず、IgG抗体と病原体が体内に留まってしまいます。 さて、この状態で、例えば、はしかが流行っていて、はしかが体内に入ってきたとした、そういう場合、どうなるでしょう。 既にIgG抗体がはしかにくっついていますから、はしかが入ったとしても、すぐにIgG抗体が病原体に結合して不活性化させるので発症しません。 すでに感染症の慢性状態なっているので、あとから病原体が入ってきたところで、感染症の急性症状を出すことができない。これが予防接種の予防メカニズムです。 予防接種の予防原理をまとめていきたいと思います。 弱毒化した病原体を注射で体内に直接注入する。 免疫がうまく働かず、病原体を排出できない。だからIgG抗体を作るしかなく、とりあえず病原体を不活性化します。しかし、免疫低下が大きく病原体を排出できない。 IgG抗体が存在し続けるので、病原体が自然に感染したとしても、IgG抗体が結合して、病原体を不活性化し、発症しない。既に慢性病になった状態でいるので、それに罹っても急性病を出せません。 これって、予防って言えるのでしょうか? 予防接種で感染症の慢性状態にすることで、予防と言えるのでしょうか? これは予防ではなく、その逆で、一気に感染症の慢性状態にしている訳です。かかっていても急性症状を発症する力をなくしているだけです。 だから、健康を取り戻し、IgG抗体と結合した病原体が排出されてしまうと、予防接種の効果もなくなってしまいます。だから「いかに長期に感染症の慢性状態を作り出すか」、という事が重要になります。 それは、「いかに長期にIgG抗体を存在させるか」、「いかに長期に免疫低下状態を持続できるか」、「いかに長期に免疫を混乱させることができるかが」、ワクチン開発において最も重要となるのです。 そこで、長期に免疫を混乱させ、低下させるために、ワクチンの中にアジュバントと呼ばれるものが入っています。免疫を低下させる物質(水酸化アルミニウムなど)や防腐剤という名目で水銀が入っています。 健康を犠牲にして達成される予防は、本当の予防とは言えません。 本当の予防は、抗体ではなく白血球主体の免疫が働く状態にすることで達成されます。 それは、免疫を高めること、すなわち、魂・心・体を健康にすることで達成されるものなのです。そして、異物や老廃物を排出する経験をさせる事です。すなわち、罹り切る事、症状を出し切る事が大切です。 現代医学では、抗体の数が多ければ多いほど、免疫が高いと考えられていますが、それは嘘です。 私は、20年間、自閉症、多動、ADHDという予防接種から来る医原病である、こういう子供達を診てきました。何故、予防接種から来ていると言い切れるのか、多くの医師達に問われました。 簡単です。その症状を引き起こすものは、その症状を取っていくというホメオパシーの原理があるからです。ですから9種類の予防接種を打たれた自閉症の子供達、癲癇の子供達にワクチンからできたレメディーを摂らせたところ、どのようになったか、見て行きましょう。 <ビデオ症例> 7歳男児:自閉症&ADHD(常に歌っている)   2007年7月26日(1回目の相談会) 由井:妊娠中何を食べたかったですか?ハンバーガーか何か食べたかった? 母親:実際、私は摂食障害があり、あまり食べる事ができませんでした。 由井:じゃあ、こういったものは食べたくなかったの? 母親:ハンバーガーとダイエットコーラだけは欲求しました。 由井:頻繁にコーラを飲んだの? 母親:はい。水がわりに。 由井:一日どれくらい? 母親:一日1リットル以上。 この男児は、ADHD、発話の遅延となり、じっとしている事ができない。 言葉をクリアに話すことができない(舌小帯短縮の為)。ひたすらリズムに乗って歌を歌う。 <レメディー処方> 2009年4月9日 由井:絵を描くのに、何枚紙がいる? 患者:1枚 由井:1枚でいいの? 患者:はい。 由井:はい、どうぞ。 母親:この間、乗馬を始めて、皆、彼の事を別人の様と言います。彼のコミュニケーションと発話は改善しました。彼の理解力も良くなりました。 患者:すみません。セロテープを貰えますか? 由井:セロテープ?いいよ、どうぞ使って下さい。 患者:ありがとうございます。 母親:今では、自分で考えますし、ピアノの発表会にもでました。   2歳男児 難治性癲癇 大脳皮質形成異常(大脳の中に石灰化したカルシウムが多数ある)   2010年6月24日(1回目の相談会) てんかん発作 遊んでいたのに相談会中に意識のない笑い顔のてんかん大発作が3回出て倒れる。何もしゃべれない。右足の麻痺。 <レメディー処方> 2010年8月12日 母親:彼は、一日100回以上の癲癇発作がありましたが、今では、一日平均20回以下です。 前に比べて、自分の意志を明確に示すことができます。 お医者さんは、彼がとても改善したと言っています。 車を見ると「ブー、ブー」と言って、「車」と言いたいんだと思います。 由井先生:とても良いですね。これから、もっと良くなっていくでしょう。表情もよくなり、母とのコミュニケーションもとれるようになった。 * DVDケース終わり *   これはほんの一部ですが、発達障害の160名のクライアントに9種類のワクチンレメディーが入ったレメディーを摂って貰い良くなった症例が80%でしたので、やはり、予防接種がその害となったのかなと思っています。   かと言って、私は予防接種、ワクチンを全面否定しているのではありません。 予防接種の必要性としては、一気に感染症の慢性状態にする事で、これが必要な人もいるという事です。   例えば、第三諸国で、栄養状態が悪いとか、急性病で体力を使ってしまうと死んでしまう、など体が元々弱い。こういうケースにおいては、ワクチンで慢性病にする事で生き延びる方が良いと思います。 さて、予防接種をしても副反応で重篤な病気になる人もいれば、健康なままの人もいます。 ワクチンは同じでも人によって反応が違うということは、どういう事でしょう。ワクチン病になる原因というのも、ワクチンだけにあるのではなく、病気を発症する側にも原因があるということがわかります。 その原因が、魂や心の病気であるインナーチャイルド、カルマ、信仰心の無さ、そして、医原病や食原病だということです。 ワクチン病になるということは、生き方、考え方を改めるべきところがありますよという神様がくれたメッセージだと思います。原因を見つめるチャンスでもあるということです。 自己治癒力を信じることができず、症状を恐れ、小児病を恐れ、忌み嫌い、自然から離れた考え方を続けるならば、ワクチン病になっても仕方がないと思うこともあります。ワクチン病になる事で自分が間違っていたことを認識するしかないという事もあると思います。ですから、自分を映す鏡として、ワクチンのような不自然なものがこの世には必要ではあるのではないかと思うのです。 ワクチンは人間の浅はかさ、無知、無明、おごり、依存、被害者意識、そのようなものの象徴として存在するように思います。 このように考えるようになってから私は予防接種に反対することをやめました。 たとえ、ワクチンの重篤な副作用に苦しむことがあったとしても、その経験を通して学ぶことがたくさんあると信じるからです。 私の経験として、160名のお母さん達は、この発達障害の子供達を世話することを通して悩み苦しんだと思いますが、多くのお母さん達は、一つ乗り越えるたびに幸せのハードルが低くなり、子ども達への愛が増えたからです。 また、霊的見方をするとワクチン病はどうもカルマ(本人のカルマ、親や先祖のカルマ)と関係することが多々あるように思います。 カルマの清算のためにワクチン病になることがあるということです。ですから予防接種のレメディーのコンビネーションの中にはマントラのレメディーも入れています。霊的アプローチして少しでも楽になるようにと思っています。 感染症もかかる人とかからない人がいます。感染症も、病原体だけに原因があるのではなく、感染する側にも問題があるということなのです。 ワクチン病と同様、感染症に罹るということは、生き方、考え方を改めるべき所がありますよというメッセージであり、原因を見つめるチャンスでもあるということです。新しく自分を生きるチャンスであります。 それは、やはり、①インナーチャイルド(魂と心の病気)がありますよ。②医原病、食原病、環境病がありますよ。③カルマがありますよ。というメッセージだということです。 ここで病原体の起源に関する私の仮説を申し上げたいと思います。 それは、病原体はインナーチャイルドが生物化したものではないかという事です。 生物ですから、感情があるのは当たり前だと思います。 病原体は種特異性があり、本来、同じ病原体でも人間に感染する病原体は他の動物には感染しません。鳥に感染する病原体は人間には感染しない訳です。 極端に免疫が低下した場合は、種の垣根を越えて感染してしまいますが、それは本来例外だということです。このことから、病原体はもともとその生物から発生したと考えるのが妥当です。 インナーチャイルドは、魂(この世的価値観)と心(感情)をもった自分から切り離された一つの存在です。そのインナーチャイルドが腸内微生物として実体化したものが病原体ではないかと推測しています。 ● なぜ生物化しなければならなかったのか?  自分が否定した自分(インチャ)を認識するためには、自分を映す鏡を必要とするように、自分を映す鏡として病原体が実体化するということです。 そして、感染症を克服することを通して、インナーチャイルドを解放するためです。 この世的価値観と抑圧した感情を解放するために、病原体は存在してくれています。 つまり、感染症とは自然がなす同種療法であると考えています。 私の経験上、感染症では、インナーチャイルドは良くなっていきますが、50~70%程度しか癒せないように思われます。残りは、やはりインナーチャイルドを自覚して、癒して行く必要があるようです。 ですからその病原体に共鳴するインナーチャイルドを抱えていなければ、基本的に感染することはないはずです。もちろん、免疫がとても弱っている場合はこの限りではありません。 免疫がとても弱っている原因として、予防接種を含む医原病や食原病があるということです。 そうは言っても、5歳の子に2歳の頃を思い出してインチャ癒しをやってごらんと言ってもできません。 だからこそ、はしかや耳下腺炎、水疱瘡、百日咳などの子どもの罹る病気に罹り、その病気を克服することを通して、自分のインチャだけではなく、自分の前世のインチャや親、先祖のインチャを解放しているのだと思います。 子どものかかる病気にかかり、発熱や発疹、粘液を出し切ることによって、親や先祖たちの遺伝的・感情的・精神的なくびきから解き放たれると思います。5歳でもインチャが形成されます。今世でできたこの世的価値観に裁かれ苦しんでいるインチャ、親を手伝わなければ良い子でないと思うインチャ、これらを子供のかかる病気にかかって、解放しているのだと思います。そうしてはじめて本来の自分を生きられるようになります。   特に湿疹や熱を出した後の子どもって、精神的にすごく成長していると思います。 ハーフの私の息子は私が夫と離婚したため、英国を離れ、9歳で日本に来ることになりました。日本になじめずいつも英国の父元へ帰りたいとメソメソ泣いていました。勉強もまったく身に入らないようです。学校も行きません。体も弱く、いつも病気ばかりしていました。私はそんな息子を愛せず怒ってばかりいました。ある時はしか様の湿疹と高熱を出しました。3日間40度近くです。私もその時ばかりは一生懸命看病しました。望郷心のCapsとMorbillinum Nosodeをとらせました。熱が下がるころ、「お母さん、中学校までは日本に妹と一緒にいるけど、高校になったら英国に帰らせてほしい。そこでしっかり勉強してイギリスの大学に行くから」と私に交渉し学校に行くようになりました。その後日本と英国の両方のカルチャーを知り、ジャーナリストになりBBCで活動しています。 このはしかは、インナーチャイルドでいえば、自分は大事にされていない人間、自分の頑張りをもっと評価してほしいのに、いつも怒られてばかりいる。こういう場合、はしかに罹りやすくなると思います。 ハーネマンがホメオパシー予防をしていたと知り、私も2007年予防キットを作りました。そこに感染症から作ったノゾーズレメディーを含め36種類のキットをつくりました。 日本人は、特にインフルエンザのノゾーズと水疱瘡のノゾーズを使っています。 レメディーを摂ってもかかる人はかかります。罹った方が、早くインナーチャイルドが出る場合は、そのようになっていきます。 いつも私に甘えて自分の好きな事だけをやっていた4歳の娘エミリーは母を離れ幼稚園に行くことになりました。いつも家を出る時にも大泣きし私と離れたくなく園に置いてくるのがひと騒動でした。 ある金曜日、水疱瘡にかかり全身ブツブツだらけになったと園からエミリーを取りに来るように言われました。シングルマザーの私としては患者もおり困ったなあと思いながら急きょ患者を断り迎えに行きました。メソメソ泣いて、彼女はますます私にしがみついて来て、おんぶして、抱っこしてとして、全く歩こうとしません。私は月曜日にも患者の予約が入っており、この土日で水疱瘡が治ってくれないだろうかと思い、Rhus-t、Puls、Varic-nなどをドンドンあげました。 そしたら全身膿だらけの湿疹が増え排出し、見事月曜日は枯れた状態で幼稚園に行けたのです。 驚いたことに、今まで幼稚園に行きたがらなかったのに、「ママバイバイ」と園に入っていったのです。 それからはドンドン園になつき、友人もいっぱい増え元気まんたんの女の子になりました。 では、水痘・帯状疱疹ウイルスのインナーチャイルドをみましょう。 やりたくない意識、後ろ向き、消極的、動きたくない、面倒臭がり、のんびりしていたい、休みたい、疲れることはしたくない、楽をしたい、辛い思いはしたくない、疾病利得率の高い人 こういう人は、水疱瘡や帯状疱疹に罹りやすくなります。 これからお見せするのは、水疱瘡にかかった子供達の特集です。 この子は2歳なのですが、母親が仕事に復帰せねばならなくなった途端にこのようになりました。 これは疾病御利益だなと思いましたので、Varic(水疱瘡)とVario(天然痘)の両方を処方しました。 そうしたら、とびひ様の水疱瘡がばっと出てきました。 そして、このように治って行って「お母さん、バイバイ」と言えるようになりました。   この子は4歳で、幼稚園に行かねばなりません。 この子は3番目の子供でおろされかかった子です。それはお父さんとお爺ちゃん、男の人によって妊娠3か月の時におろせと言われたのです。 この子の症状は「男の人が怖い」というものでした。 そして、この子は幼稚園に行かなければならない時にアトピーが酷くなってきたのです。 それに対して、Varic (水疱瘡)とVario(天然痘)を与えました。 そうしたら3回目の水疱瘡にかかりました。 ふつうは、生涯免疫といって一回罹ったら罹らないのですが、注射やクリームで抑圧すると何回もかかって、完結させようとします。この子は、3回目の水疱瘡に罹り切った後、男性が怖くなくなり、幼稚園にも「バイバイ」と行けるようになりました。 この子は6歳なのですが、その年でもお母さんに抱っこされて、私の所に来たのです。お母さんから離れないのです。もう直ぐ小学校に行かなければならないのですが、それを言われ、アトピーを出しています。ワクチン接種が多かったので、9種類のワクチンレメディーを出しながら、Varic(水疱瘡)とVario(天然痘)を処方しました。そうしたら3回目の水疱瘡に罹りました。 そして元気になりまして、小学校でバスケもやり、サッカーも水泳もやり、とても元気に「お母さん、バイバイ」と言えるようになりました。 このような心があるとその病気を引き寄せる。インナーチャイルド、未解決な感情があると病気を引き付けるのだという事がお分かりでしょうか。 インフルエンザウイルスに関しては、 勝りたいインチャ、自分にも人にも勝りたい。 優秀,能力が高い,美しい,強い,出来るなど、自分の理想とする『良い人』でいたい。 こんな思いを持ってインフルエンザに罹ります。 風疹ウイルスも「勝りたい」のですが、実力,能力が自分に近く、自分を攻撃してきそうな相手に対し、その相手よりも優れていて、相手を従わせたい,言うことを聞かせたい、酷い目に遭わせてやりたい、と言う意地悪な意識があります。ですからその人には負けたくないのですね。 私は26歳の時に風疹に罹りました。その時は、テレビ局で、N君という子と戦っていました。彼はディレクターの席を目指しており、私もディレクターの席を目指していました。実力は私の方が勝っていたと思うのですが、彼が上手かったのは「茶坊主」という名前があり、ゴマをするのが上手かったのです。そこで私は負けてしまったのです。そしたら、ある日ブツブツが出てきまして、それがブラジャーとパンツ型に出てきたのです。それで病院に行き「これは何でしょうか?」と尋ねました。すると「ああ、これは風疹だ」と言ったのです。「なぜ、ブラジャーとパンツ型に出るのですか?」と聞いたんです。「今に全身にでるから待っていなさい」と言われました。で、そのようになりまして、その後にN君を許しました。 この子は、母親が妊娠中に風疹の抗体が高かった子です。 産まれた時は発疹はなかったのです。でも3週間後位に、直ぐにこのような乾燥したアトピーが出てきました。この母親は、この子がヘレンケラーのようになっていくのではないか、と心配していました。 私の所に来まして、私は、Rubellaを処方しました。 そうしたら、こんな風になっていきました。 ドライだったのがどんどんウェットになっていき、熱も出てきて、熱は引かないし、一気に湿疹もでないのです。約1ヵ月、このような状態で頑張りました。 この子の母親もホメオパスなのですが、電話口で毎日のようにどうしてこうなったのかと言われました。 「もう直ぐですから」と言い聞かせて、2ヵ月弱で以下の様に改善しました。 この子の母は「貴女のレメディーは間違えているのではないか?私もホメオパスだからよく分かる。貴女は先輩だけど、私の方が優れている」と思っていたのではないかと思います。 「もし、このような考え方を持っているならば、この子は治らないから、私を信じてください」と言いました。で、このように良くなって良かったです。 次は、溶連菌や猩紅熱に関して言います。 価値観のインチャがあり、人は常に正しくあるべきだ。きちんとしているべきだ。 与えられた責務をしっかり果たすべきだ。愚痴や弱音,泣き言を言ってはならない。 また、人は間違いを犯してはならない。罪を犯してはならない。人に迷惑をかけてはならない。 人は正しくあるべきで誤ったことをしてはならないと、善悪をジャッジしたがる意識。 日本人の方は、こういう性格の方が多く、よく喉を傷めて、溶連菌の扁桃腺炎を持っている方が多いです。それから、GBS感染で子宮に溶連菌を持っており、妊娠できない方もいらっしゃいました。その方が、溶連菌のレメディーをとったら、とても心が柔軟になり妊娠しました。 では、ケースを観たいと思います。 この方は、28歳男性。マッサージ師でスポーツインストラクターです。 主訴は、B型肝炎のキャリアで、めまい、立ち眩み、運転中にフワフワして貧血の症状がでます。 それでは、ケースをみましょう。 ケーステイク [クライアント] 最近具合が悪くて血液検査を受けたら、やっぱりB型肝炎だと言われて、 抗体の数値が何かすごく1500に近いと本当に小さいときから持っているらしいのですけれど、陰性だけれどなんか慢性化しているんだねと言われて...

2018年のとらこ先生ロンドン・ライブ講演は、7月21日(土)です! トレバー・ガン先生(英国ホメオパス)& シーラ・ワットコット先生(米国ホメオパス)とジョイントセミナー +「真の免疫の探求」プレミア上映 ますます霊性を高められ、パワーアップしたとらこ先生。今回のロンドン講演では、その人が抱えているインナーチャイルドが同種の感情を持った病原体を引き寄せているというとらこ先生の最新の発見「インナーチャイルドと病原体の関係」についてお話しいただく予定です。 また、最新症例の発表はじめ、日々の修行から得られた深い洞察力を伴う魂レベルでのメッセージ、私達は、どのように自分自身を幸せにして、自分らしく人生を楽に生きていけるのか、等についてお話頂く予定です。 トレバー先生には、ホリスティックな病理をメインにお話し頂きます。疾患を通じ、体が如何に賢く機能しているか、医薬品による抑圧を通じ、人々がどの様に感染症に罹りやすくなっていくか、ホメオパシーがどのように私達のエネルギーを上げ、原因を取り除く事ができるか、分かりやすく説明頂ける事でしょう。 シーラ先生は、アメリカでホメオパシー的予防について第一線で活躍されているホメオパスです。今年2月、生命の知恵、真の免疫獲得の重要性を伝える「The Quest f‘or Real Immunity(真の免疫の探求)」というドキュメンタリー映画をリリースされました。とらこ先生も出演しています!当日は、シーラ先生の講義に加え、この映画(日本語字幕付)も上映される予定です。 このエネルギー溢れるライブ講演会に是非ご参加下さい! (参加費早割は5月末までとなっておりますので、お申し込みはお早めに ♪) 電話:02076449260 Email:info@rah-uk.com  ...

第7回 日本の農業と食のシンポジウムが、2018年5月13日(日)京都にて開催されます! とらこ先生からのメッセージ、是非お読み下さい。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 第7回日本の農業と食のシンポジウム開催に寄せて 「種子が大事 -日本の食の安全と、農林業の未来への提言-」    大会長 日本豊受自然農代表 由井寅子 ― 人が生きるために何が必要か ― 人が生きるために必要なものは、衣食住です。その衣食住が不安定だと心が不安定になります。死に怯えながら生きるのは苦しいですね。ですから人が幸せに生きるためには、安定した衣食住が不可欠です。外敵や環境の厳しさから守ってくれる安定した「衣」「住」と、飢えから守ってくれる安定した「食」があってはじめて安心して快適な暮らしができます。しかし、その「住」=「家庭」に暖かさや安らぎがなかったらどうでしょう。 やはり心が不安定になり、苦しいですね。ですから、人が幸せに生きるためには、暖かい家庭、安らげる家庭が不可欠です。家庭の暖かさは「食」に現れます。毎日作るものだからです。家庭の暖かさ、安らぎを生み出す中心は女性です。女性が作った愛ある食事を通して暖かさと安らぎと応援を受け取り、体と心と魂が養われ、生きていくことができます。食は物質的なものを食べているだけではなく、作り手の心(感謝)と魂(愛)を食べているのだということです。 感謝と愛は、母性から生まれるものです。母性は魂の清らかさと利他心から生まれます。ですから男性も母性があるのですね。このように食はとても大事ですが、その食を生み出す大元の野菜や穀物が暖かさと安らぎのない大地と種から生じるならば、体にとって栄養のないものとなってしまいます。大地は母、種は父、人や生き物にとって最も大切な食べ物は、けがれなき大地と種から生じたものであるべきです。 それゆえ、私たちは種をとり、農薬や化学肥料を使わず、土に落ち葉たい肥を漉き込むのです。自家採種に感謝しクヌギの葉に感謝し、土に感謝し、野菜と土に愛を注ぎ、毎日同じことをコツコツと繰り返し、百姓を行っています。私たちは心して大地や種を自然型で守り、それらが私たちに提供してくれるものを感謝して受け取って行きます。毎春の「日本の農業と食のシンポジウム」は今年で7回目を迎えました。 日本の種子(たね)を守る会顧問の山田正彦元農相、世界の食と農の問題をフリーの立場で研究する印鑰智哉さん、古来から様々な難局を乗り越えてきた日本の知恵を現代に浮き上がらせる国史研究家の小名木善行さん、日本における食の安全についての消費者運動を立ち上げてこられた「食政策センター ビジョン21」主宰人の安田節子さんなど、この分野で様々な実践と解決策をお持ちの皆さまにも参加いただきます。 これまで日本豊受自然農や自然療法の実践の中からつちかった解決策を私も提案したいと思います。そして、これらの問題に関心を持っている皆様と一緒にシンポジウム当日は衆知を集めて、どのような解決策があり実現していけるのかを考えていきたいと思います。日本の自然な食と自然な農業、自然な心を取り戻し推進するためにどのようなことが行われるべきかを提案したいと思います。人々が安心して生きられるように心から願って、5月12日(土)、13日(日)は是非京都にお集まりください。...

設立20周年を記念する第18回JPHMAコングレス開催に向け、海外からお祝いメッセージを続々と頂いております! コングレス特設サイト: http://jphma.org/congress2017/ ********************* インド政府AYUSH(伝統医学)省 Dr. R・K・マンチャンダ CCRH長官 こんにちは。 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)が、20周年をお祝いし、2018年1月13日と14日に第18回コングレスを開催される事を大変嬉しく思っています。 JPHMAは、この20年間、ホメオパシーの促進、学術研究、教育、国際交流に従事してきました。 由井寅子ホメオパシー博士のご尽力は格別に優れており、独力でホメオパシーを日本にもたらし、日本で初のホメオパシーカレッジとこの協会を設立されました。 「美しい体、美しい心、美しい魂 - それは自然からのプレゼント」というテーマを持つ、このコングレスの大変革新的で斬新さへ心からのお祝いを申し上げます。 私達は皆、思考によって形作られていると、私は心から信じています。ポジティブな思考と行動を結びつける事が、健康と良い人生へと導きます。 どんな疾患も、精神的な強さと勇気をもって取り組むことができます。 ホメオパシーは、その独自のアプローチと心と体をともに癒すホリスティックな方法の為、広く人気があります。 このコングレスが、日本のホメオパシーの学生や療法家達へ、それぞれの見解、概念、知識を共有する素晴らしい機会を提供する事が、私の目に浮かびます。 ********************* Dr. プラサンタ・バナジー(インド) JPHMA 20年間のご成功へ心からのお祝いを申し上げます。 「美しい体 美しい心 美しい魂 -それは自然からのプレゼント-」という御団体の18回目のコングレスに最もふさわしいテーマを選ばれました。私達人間は、私達の健康を維持する為にのみ存在する体、地球上の他のどの生物よりも進化した心、そして、私達の善意のエッセンスである魂の恩恵を受けています。 私達が気づいていない事は、最適なウェルビーイング(身体的・精神的および社会的に良好な状態)の為に、これら三つが、お互いに依拠しているという事です。怒りや嫉妬で汚染された心は、体を健康にすることができません;不健康な体は、心をかき乱し、人生における仕事や情熱から私達を逸らします。魂は、心と体の両方が、お互いに共鳴している時、最高に開花します。現代の環境と思想は、絶え間ないストレスと益々多くの欲求で満ち溢れている為、魂の最高の開花が難しい状況にいます。 ホメオパシーは、人々が自分の体に対する感じ方を変える力を持っています。私は、これが未来の医療だと強く確信しています。殆どの人々が、副作用を持たずに速やかでより良く治癒するという世界を創造する為、JPHMAのような団体が繁栄し、拡大する必要があります。 この団体を設立するという偉大な先見の明をもたれた、由井寅子ホメオパシー博士は、私が深厚の敬意を表す同業の仲間です。彼女は、母国で困難な状況を奮闘され、未だ子供のようなバイタリティーとご自身の活動に対する熱意を維持されています。松尾敬子様が、由井博士の先例に倣い、JPHMAをますます発展される事を奨励します。 改めまして、おめでとうございます。将来のご多幸を心よりお祈りしております。 ********************* Dr. ファロック・マスター(インド) 由井寅子ホメオパシー博士が、2018年1月13日(土)、14日(日)、東京にて第18回日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレスを開催される事にお祝い申し上げます。 由井博士に知り合ってから15年経ちますが、彼女は、日本と英国でホメオパシーを普及するにあたり、素晴らしい活動をしました。 このコングレスが、参加者の皆様にとって、良い教育と学習体験になりますように。 Dr. ファロック・マスター ********************* クルディープ・ジェイン氏(インド) 2018年1月13~14日、JPHMA設立20周年記念「第18回JPHMAコングレス」開催を心よりお祝い申し上げます。 この20年間、由井寅子ホメオパシー博士の導きの下、小さな草木から大木へ、JPHMAの成長を私は見てきました。 ホメオパシーへの献身と情熱は、血液のように由井寅子ホメオパシー博士の中に流れています。私に言わせると、ホメオパシーは、信頼と信念を必要とする信仰心のようなものです。 心、体、魂のテーマは、JPHMAの功績に大きく関わったものです。 私は「瞑想」につながる(ZEN)ホメオパシー推進に熱心に取り組んでいる、由井寅子ホメオパシー博士と彼女の献身的なチームを賞賛し敬意を表します。 2006年と2007年に日本を訪問した事は、今も私の記憶の中に残っています。 ********************* Dr. シモナ・ニツ(ルーマニア) ルーマニア・ジェモセラピー & ホメオパシー協会(RAGH)会長 日本ホメオパシー医学協会会長(JPHMA) 由井寅子 ホメオパシー博士 様 2017年10月24日ルーマニア(ヤシ)でのホメオパシーカンファレンスで、貴女をお迎えするという名誉を授かった事に感謝しています。 ホメオパシー療法の分野で他のアプローチについて学ぶ事、長年かけて由井博士が日本で発展させ、実践で効果を証明されたもの(Zenホメオパシー)は、経験の交流という点で、私達にとって極めて有益で関心深いものでした。 貴女の発表と解説は、私達を大いに感銘させました。私達の心の琴線に深く触れ、私達と貴女のチームのメンバー間に目に見えないけれども強い絆を作り出しました。全てのJPHMA会員の皆様にも、私達は同じように絆を感じています。 貴女にルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会の活動を知る事を望んで頂いたという事実は、私達にとっては挑戦でしたが、カンファレンスの最後に頂けた感謝の言葉は、私達に大変な満足をもたらせました。 それゆえ、私達協会は、貴女に以下の称号を授与する事を望みます。 ルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会 名誉会員 貴女にこの称号を受諾頂けるならば、それは私達にとって大変光栄で、私達協会に大きな価値をもたらせます。 私達はまた、2018年1月に東京で開催されます日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の第18回コングレスをお祝い致します。このコングレスは、貴団体における日本のホメオパシー導入と発展への不断の取り組み20周年を記念します。 私達は、貴団体の全ての活動、教義と実践、Dr. サミュエル・ハーネマンの知識を日出る国で知らしめた全てのご尽力へ敬意を表するとともに、このコングレス全参加者の皆様と心は同じです。私達も、ルーマニアの地でDr. ハーネマンの刻印、また、ポル・ヘンリーによる、ジェモセラピーと若い植物組織に見出される治癒力の教義を心から守っています。 私達の仲間、Dr.マリナ・シウマスを、このコングレスに招待頂き、「ジェモセラピーとマヤズムの関連」というテーマで発表させて頂く機会に対し、感謝の意を表します。これが、ホメオパシーとジェモセラピーの二つの分野において、相互協会間の美しい協力の始まりとなる事を願っています。人間の苦しみに愛情と責任を持ったアプローチをするという同じ目的の為に喜んで出会った二つの異なる国からの療法家達が、お互いの経験を共有し続けますように。 心からの敬意と感謝をこめて ********************* カリン・モント ARH(英国認定ホメオパス連合)会長 Dr.由井の夢 - JPHMA様 おめでとうございます! たった20年ほど前は、日本ではホメオパシーは、あまり聞かれたことがなかったというのは信じがたい事の様に思います。一般人の殆どは、ホメオパシーについて何も知らず、登録療法家はおらず、日本語のホメオパシーの本はなく、ホメオパス養成コースはなく、ホメオパシーのレメディーは、他国から輸入されねばなりませんでした。 しかし、1998年、ある確固たる決意を持った優れた人物が、文字通り、夢を現実にし、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立し、ホメオパシーを日本にもたらせるという最初の重要なステップを踏んだことから、事態は完全に変わりました。 由井寅子ホメオパシー博士が、自身の難病を救う為、安全で穏やかな治療法を探し求める様に夢でお告げを受け、そして発見したのがホメオパシーであったという事をどれだけの方がご存じだろうかと思います。自分自身で直にホメオパシーの驚くべき治癒力を経験した後、Dr. 由井は、自身の人生をホメオパシーに捧げる決意をし、その成果は極めて深い感銘を与えるものです。Dr. 由井は、いつでもそうですが、良い事を引き起こす人物です。彼女は、彼女の道を進むための無限のエネルギーに恵まれている様に見えます!彼女の指導の下、日本のホメオパシーは育ち、開花しました。そして、今では、効果的な医療法として受け入れられています。 壮大なスケールで行われたDr. 由井の取り組みは、息をのむほどに素晴らしいものです。彼女の不断の献身のお陰で、今では、カレッジ・オブ・ホリスティックホメオパシー (CHhom)によって運営される素晴らしいホメオパス養成コースを日本各地にもたらせました。JPHMAもあり、今年(2018年)に20歳の誕生日をコングレスでお祝いします。十分な種類を持つホメオパシーレメディーの会社もあり、日本中には、ホメオパシー関連商品や書籍を一般へ販売するお店が多数あります。私は、簡単に「書籍」と言いましたが、20年前には、日本語でホメオパシーに関する書籍はなかった事を私達は忘れてはなりません。今日、多くの翻訳書籍が入手可能な事に対し、私達は、Dr. 由井へ感謝せねばなりません。 Dr. 由井は、日本の皆様が、健康と疾患の本質、そして、如何にホメオパシーが健康全般を顕著に改善する事ができるかについて、より良く理解する手助けをする事への関与にも大変意欲的です。近年では、2011年の福島原発事故を引き起こした壊滅的な地震と津波によって悪影響を受けた方々に対し、Dr. 由井は、希望と治癒をもたらす助けをしています。このように公衆へ救いの手を差し伸べるのは、あまりにも頻繁にトラウマを深く受けている全世界に対し、愛と慈悲心という非常にパワフルなメッセージを送っています。 最後に、Dr. 由井とJPHMAは、この20年間で、とてつもなく数々の事を達成しました。既に設立されているこの高い水準で取り組みを続ければ、日本のホメオパシーにとって、とてもエキサイティングで実り多い未来が期待される事を確信しています。英国認定ホメオパス連合(ARH)の仲間を代表し、JPHMAが、この歴史上で画期的な転機となる時点に到着した事をお祝い致します。 このバイタルフォースが、皆様をインスパイアし続けますように! ********************* トレバー・ガン氏(英国) Torako、そして、この特別記念となるJPHMAコングレスに携わる全てのオーガナイザーの皆様、こんにちは。そして、カンファレンスに参加されている方、また、物理的には参加できずとも志を同じにしている全てのJPHMAメンバーの皆様、こんにちは。 私の名前は、トレバー・ガンです。御カレッジでの講義を通して、もしくは、ワクチンの講演を通して私の事を知っている方もいらっしゃるかもしれません。 お祝いのメッセージを送る機会を頂き、厚くお礼申し上げます。 JPHMAは、20年前から発展し、現在到達している時点まで成長されました。 日本と日本国外に住む本当に多くのホメオパス達が、日本人の方々をサポートされてきました。 これは、ホメオパシーにとってのみではなく、ホメオパス達がホリスティックに物事を考える事ができるという事実にとって重要です。 このホメオパス達は、健康像における幅広いやり方を知っています。彼らは、環境が私達に影響を与える事を理解しています。そして、私達が環境に影響を与える事も。ですから、第一医学を促進する過程において、私達は勝利する事ができます。私達は、健康と対立するものを停止させることができます。 だから、これは本当に重要な仕事で、JPHMAのサポートを育むことが大切です。 もちろん、私達には、Torakoがいます。 ここには、彼女の功績によるところが大きくあります。Torakoは、英国でホメオパスとなり、当時日本には全く何もなかったと思うのですが、ゼロの状態から全てを発展させました。 今では、JPHMAにとって大変重要なものであるカレッジ、ホメオパシーのレメディー製造社、農場があります。 ですから、Torakoは、全ての学生や療法家にとって大きなインスピレーションを与える存在です。 皆さんも同じように、外に出て、グループに教えたり、相談会の質を高めたり、他の人々と取り組んだり、ネットワークを始めたりして、日本中、そして日本を超えて、皆さんらしく光り輝いて下さい。 最後のメッセージ、いわば、激励を送りたいと思います。大切な内容です。 私は、ここ30年間、ホメオパシーに関与し、ホメオパシーが成長発展してきたのを知っていますが、過去のある時期においては、奮闘してきたのも知っています。 しかし、同時に、より多くの公衆は、食生活や環境上の健康、などの形で、ホリスティック医療への関心がより増えています。ですから、ホメオパシーの成長が、この増加へ寄与しているのは間違いありません。 同時に、多くの対立者がいる事も私は知っています。 そのような状況であろうが、私達は、輝き続け、ホメオパシーを支持し続け、世界中の人々をサポートし続ける事が、とても重要です。何故なら、それなくしては、この世界は、とても暗くて憂鬱な場所だからです。 よくやりました、JPHMA! 皆さんが達成された事、これからもやり続けていく事は、素晴らしいものです。 そして、おめでとうございます。 皆様のご多幸をお祈りします。 良いコングレスとなりますように。 私は、次の20年目に、またここに登場するでしょう。 おめでとうございます。 お見事です。 ありがとうございました。 ********************* コリン・グリフィス氏(英国) 親愛なるJPHMA会員の皆様 私からの心からのお祝いと最大限の感謝を込めて、比類なくそして揺るぎない由井寅子氏によって創立されたJPHMAの設立20周年、第18回目のコングレス開催へのお祝いのメッセージとして皆様全員へお送り致します。 ホメオパシーが日本に到来してからまだたったの20年しか経っていなく、そして、その間にどれほど莫大なことが日本で達成されたか信じがたい事です。皆様が、この間どれほどの人々を既に助けてこられたかを考えるだけで尊敬の念につつまれます。どうぞ誇りに思って下さい。責任の欠如、政治の介入、悪い報道など、私達の穏やかな治療法(ホメオパシー)を妨げる為に企てられるあらゆる試みがあったとしても、皆様共同でのハードワークにより、ホメオパシーは益々強くなり、決して衰えない事は確かです。Torakoがリーダーとして皆様のところにいて進むべき道を示唆している間は、無敵のチャンピオンがいるようなものです。彼女がZENホメオパシーの概念をどのように発展させてきたかを私は多大な関心をもって見てきました。サミュエル・ハーネマンもこのことを承認するだろうと私は確信しています!(もし、ハーネマンが今日ここに居たらならば、彼は、ZENホメオパシーの考えを先に持ちたかったことでしょう!) 私が何年か前(2002年)に日本に行った時、皆様の多くは未だホメオパスの資格を持たれていなかったかもしれませんが、その時に受けた驚くほどの歓迎を私は忘れたことがないという事をこの機会をお借りし、皆様全員へお伝えしたいと思います。 6つのクリスタルレメディーについての講義をした事を今でも鮮明に覚えています。皆様が夢中になって聴いてくれたので特に忘れられないのです。 この機会を頂きメッセージを書けることを光栄に思い、このことが私に世界で何が起ころうが東と西の間の代替療法における相互交流が続いていくということを気づかせ、勇気づけてくれています。これが長く続きますように。 皆様のご多幸を心よりお祈りしています。 コリン・グリフィス ********************* Dr. クマー・バナジー氏(インド(イギリス在住)) Dr. 由井寅子 JPHMA会長 様 第18回JPHMAコングレス実行委員会 様 親愛なるホメオパシー同朋の皆様へ 2018年1月13日~14日、東京にて第18回日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレスが開催される事を知り、大変嬉しく思っています。 過去、私が日本のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(*カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシーの前身)で講義した際、その学生達が、ホメオパシー哲学のより深い側面とマテリア・メディカのニュアンスを学ぶ為に、非常に誠実で一生懸命だった事を覚えています。 Dr. Torako学長が、日本にホメオパシーの種を播き、皆様からのサポートを受け、現在、皆様はその開花を見ています! 「日本のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー」は、Dr. Torako Yuiの有能な指導の下、特に日本の人々へホメオパシーを促進し、また、広く一般へ展開しているという素晴らしい活動をしています。 コングレスのご成功をお祈りしております。 皆様に感謝 ハーネマンよ永遠であれ、ホメオパシーよ永遠であれ、 皆様にホメオパシーの健康がもたらされますように Dr. スブラタ・K・バナジー ********************* ロジーナ・ゾンネンシュミット博士(ドイツ) 親愛なる とらこ先生 & JPHMAチーム 20年前、ビジョン(展望)を持つある女性のホメオパスがいました - そのビジョンは、彼女の国と人々を助ける事、健康を守る事、その国の文化に対して何か役立つ事。最初の頃、日本の医学にとって彼女は、一介の人間でした。しかし、彼女の広い心、神のような知性は、不可能に見えるような事を可能にしました。その彼女、とらこ先生は、ホリスティックなホメオパシーとホリスティックな農業を確立する全ての目的達成へ予想外のやり方をされるが故に、称賛、敬意、感謝を受けています。 彼女は、サミュエル・ハーネマンによるホメオパシーやバイオダイナミック農法など、ドイツからのインスピレーションを受けた後、今では、それらを、私達ドイツ人が日本を見習うまでの高水準なものに発展させました。私達は、ここドイツで2つのコングレス(2012年と2017年)で、如何に素晴らしいホリスティック医学の霊魂観が日本で実現されているかを見せて頂きました。私が、過去に日本を訪問した時はいつでも、とらこ先生がたったの20年間で創り上げた、その由々しさ、創造、そしてパワーに胸を打たれました。 最初の頃、日本の学生達は、西洋の教師達から学びを受けましたが、直ぐに、とらこ先生は、ヨーロッパの教えから自立し、彼女独自のホリスティック思考を始めました。私達が大いに称賛する点は、彼女が、医学、ホメオパシー、神道、仏教を日本文化の新しいホリスティック思考へ融合させた事です。もしできる事ならば、私は、日本の健康状態を救う彼女の勇気にノーベル賞を与えたいと思っています。これが実現する事を願いましょう! 彼女は、一人で彼女の道を進んだのではなく、様々な分野から支援を受け、彼女のビジョンについていく適材を得た事も私達は知っています。 私達は、JPHMAバックグラウンドにいる全ての素晴らしい助力者達に感謝し、今後の大成功をお祈りしています。 敬具 Dr. ロジーナ・ゾンネンシュミット ハラルド・クナウス ステファン・ハインズ ウテ・ミュラー ********************* Dr. ディディエ・グランジョージ(フランス) 親愛なるTorako様、JPHMAの会員の皆様 JPHMA20周年のお祝いをお送りできる事を嬉しく、誇りに思います。 ホメオパシーは病気の人々を進化させ、愛の第三次元に到達する事を可能にします。 Chlorumレメディーを与えて良い結果をもたらせた自閉症についての私の最近の研究をお送りします。 敬具 ********************* Dr. ジョージ・ディミトリアディス(オーストラリア) 第18回日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)実行委員会 様 日本のホメオパシーが発展し続けており、この医学体系の種が由井寅子ホメオパシー博士によって、日本で大切に植えられ、愛情を注いで育てられ、今日私達が見る様に、こんなに早く、大きく育ったのを見るのは、この上なく幸せなことです。 私達のホメオパシー関係者を代表して、20歳の誕生日を迎え、成熟し始める段階に達したJPHMA。その誕生をもたらせた由井博士の貢献と不断の献身、そして、会員の皆様の誠実で責任をもって活動を続けてきたことを敬意をもって、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。 JPHMA、お誕生日おめでとうございます。 歴史的節目である、この20周年記念コングレスの集まりをどうぞお楽しみ下さい。 世界中にいる皆さんの友人と仲間は、その場に参加はできませんが、共にお祝いしております。 あなたのホメオパシーの友 Dr. ジョージ・ディミトリアディス JPHMA名誉会員 ハーネマン・インスティチュート・シドニー学長 ボーニン・ハウゼン・レパトリー(TBR)編集者 ********************* ルディ・ヴァースパー氏(オランダ(カナダ在住)) 私からのお祝いとご祈念をJPHMAの皆様、特に Torako-san へお伝え下さい。 「JPHMA20周年記念に対し、特に名誉会長となられる由井寅子ホメオパシー博士へお祝い申し上げます。 この機に、Dr. サミュエル・ハーネマンのワーク、彼の教えを促進する事において、JPHMAと由井博士の成し遂げられた事を称賛致します。 その努力は、その献身さと達成度において特筆すべきもので、日本の人々は大いなる恩恵を受けています。」 敬具 ルディ・ヴァースパー ********************* ケイト・バーチ氏(アメリカ) こんにちは。私の名前は、ケイト・バーチです。 私は、由井寅子ホメオパシー博士に、2007年、ドイツ、ハイデルベルグでの、第20回リンクス*カンファレンスと同時に開催されたホメオパシー国際評議会(ICH)の初の会議で出会いました。 その時、日本でのホメオパシーの成功は、Torakoが影響を及ぼしているという印象を受けた事を覚えています。しかし、もっと大切な事は、Torakoが、如何に地に足をしっかりとつけて立っているか、という事に強い感銘を受けた事でした。それは、他の誰からもこんなに明確に見た事のなかった強さと不屈の精神の象徴でした。 Torakoの成した全てが実績を挙げているのは、このしっかりと立つという姿勢からくるものと私は信じています。私の職業でもありますホメオパスとして、彼女は自分の人生を捧げており、私は、彼女自身に対し、そしてホメオパシーに関して、彼女が、日本の人々に共有した贈り物に対し、謙虚な気持ちになります。計り知れないほどの思いやり、苦しみを持つ人間の本質への慈悲心、霊魂におけるその愛らしい優しさ、内部を探り、見抜き、まとめる、そして、JPHMAを明示させた、とてつもない能力、そして、日本のみに限らず、世界中で関与した全てのことへの努力、これを成し遂げた本物の人物。 私は、2011年に開催されたJPHMAコングレスで発表する為に日本に来日する機会を得て、東日本大震災から被害を受けたホメオパスと学生達に発表する時間を与えたTorakoの慈悲心を直接目撃することができた事に大変感謝しています。彼女を模範とし、私達は、お互い、ホメオパシーという媒体を通じて人類に奉仕する強い信念と献身の心をより強くする事ができます。 Dr. Torakoが名誉会長へとなられる事を受け入れたJPHMAに感謝します。そして、私の友人であり尊敬するホメオパスの仲間である、由井寅子ホメオパシー博士へ。私は、貴女を聖なるものと敬慕しています。貴女の将来の活動に神のご加護がありますように。 敬具 ケイト・バーチ RSHom (NA), CCH, CMT *********************    ...