プロフィール

由井 寅子

日本ホメオパシー医学協会(JPHMA) 会長
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom) 学長
一般財団法人 日本ホメオパシー財団(JPHF) 理事長
日本ホメオパシーセンター 総センター長
HMA [英国ホメオパシー医学協会] 名誉会員
ARH [英国認定ホメオパス連合] 認定ホメオパス
JPHMA [日本ホメオパシー医学協会] 認定ホメオパス
JPHF [日本ホメオパシー財団] 認定インナーチャイルドセラピスト
Hon.Dr.Hom [ホメオパシー名誉博士(Pioneer University)]
Ph.D.Hom [ホメオパシー博士(International Mathematical Union )]
D.C.Hom [クリニカルホメオパス]
NPO法人元氣農業開発機構 理事
世界最大ホメオパシージャーナルHeritage 国際アドバイザー
農業生産法人 日本豊受自然農株式会社 代表

患者に寄り添い、普遍の愛で苦しむ人々を治癒に導く魂のホメオパス
ホメオパシーの恩恵が日本に注がれる事を願い、
その本格的導入と定着に捧げる人物

日本にホメオパシーを本格導入、その発展と定着に多大な貢献

大半の日本人が「ホメオパシー」と言う言葉を耳にした事のなかった1995年より、日本でのホメオパシー講演、ホメオパシー健康相談を開始。

1997年4月、日本初のプロフェッショナル・ホメオパス養成学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)を設立し、ホメオパス育成を始める。

1998年には日本におけるホメオパシー医学の普及、学術・研究、教育、ホメオパスの職業地位確立、国際交流などを目的に、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立。

現代西洋医学(アロパシー)全盛、クスリ大国の日本においてホメオパシーの本格導入を行い、ホメオパシー普及、臨床開発体制、専門家教育、ホメオパスの職業的確立、セルフケア、レメディーの国産化、重要なホメオパシー文献の日本語訳やガイドブックなど基本書の出版など、ホメオパシーの土台づくりを行った。同年には、ホメオパスが活動する日本ホメオパシーセンター、またホメオパシーの患者・利用者会となるホメオパシーとらのこ会の前身(ホメオパシー親交会)を設立。

ハーネマンのドイツ語原典からの「オルガノン第6版」「慢性病論第2版」「純粋マテリアメディカ」などの日本語訳監修や、ボーニンハンセンのレパートリーTBRの日本語訳、教材化にも、自著、そして海外のホメオパシー関連書を中心に100冊以上の書籍を出版している。

カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー学長

中世の錬金術医療の大家パラケルススの著書『医師の迷宮』に触発され、真のホメオパシー治療家を育成する学校を作るべく、1997年創立RAHを発展させ、2010年新たに人間を統合的(ホリスティック)にみるために、ホメオパシー統合医療専門校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)を開校する。ホメオパシーに限らず、臓器療法、ハーブ療法、花療法、生命組織塩療法を中心に、錬金術、医学占星学、薬草学、東洋医学なども取り入れ、また現代(西洋)医学との統合を目指したホメオパシー統合医療専門校(CHhomシーエイチホム)としての教育を実践する。同時にこの人生をよりよく生きるために、心の教育、霊性向上を与える「インナーチャイルド・セラピスト養成コース」を立ち上げた。ここでは、この世的価値観、道徳に縛られ、本来の自分自身を生きられない、それがゆえに真に生きた感覚を持ち合わせず、自分自身を責め、自己否定する多くの人々に、本来の命をまっとうさせるためのインナーチャイルド癒しの実践と私達に命を付与してくれた大いなる神々に信仰心を持つための霊性の教育が行われている。人々が自分をゆるし、等身大の自分を愛し、真に生きるためになくてはならないコースである。又、現代医学の診療を行なう豊受クリニックをはじめ、協力提携クリニック・病院の現代医学医師とも手を携えた統合医療の確立に注力している。

日本ホメオパシー医学協会 (JPHMA) 会長

1998年4月設立以来、JPHMA会長を務める。
日本のプロフェッショナルホメオパスの指導、年次学術大会大会長、ジャーナル執筆、外交を行っている。
2005年には、職業団体としてのJPHMA実績が認められホメオパス職業保険確立を成し遂げた。
また日本独自のアニマルホメオパス認定を立ち上げた。
2010年3月、日本政府厚労省統合医療プロジェクトにて2時間半にわたりホメオパシー療法のエビデンスを説明。
日本最大のプロフェッショナルホメオパスの為の協会、JPHMAの会長として、現在も日本におけるホメオパシーを守り、日本のホメオパシーを担い、ホメオパシー療法を求める人々へ貢献している。

国際交流

世界中の高名なホメオパス達を日本に招聘しホメオパシーの国際交流に貢献している。
2006年にホメオパシー国際評議会(ICH)に加盟。ICHでは2006年設立時から2015年3月まで幹事国として参加、ホメオパシーの国際的な発展のために尽力する。特に世界のホメオパシーが協力し合い、国際カンファレンスを開き、お互いの国々のホメオパシーの発展を促進することに力を入れ、又、世界的ホメオパシーバッシングに対してICHが中心になり危機管理すべきと提案した。未だにこの提案はICHの中では実行されず、由井は自らがそれを実行せんがために、国際ホメオパシーカンファレンスを2013年、2015年と2回開き、日印、アジアのホメオパシーの交流に成功した。国家がホメオパシーを第一医学の一つと認めるインドとの交流も深い。インド政府AYUSH省ホメオパシー・リサーチ・中央評議会Drマンチャンダ長官、世界最大のホメオパシージャーナルを発行しているB. Jain出版社、癌治療に対するバナジープロトコルで名声を博しているDr Prasanta and Pratip Banerjiはじめ、インドのホメオパシー界より、由井会長のホメオパシーに対する貢献とホメオパスとしての業績に対し大きな敬意が払われている。
2015年2月27日には、インド、ニューデリー、インド政府AYUSH省 ニランジャン・サンヤル長官と会合。日本のホメオパシーの歩みと現状を報告すると共に、今後の日印間のホメオパシー提携について話し合いがもたれた。また、インド、ニューデリー、インド政府AYUSH省 ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)にて、CCRHとJPHMAの「インタラクティブ・ミーティング」が開催された。2016年11月、インド政府AYUSH省、ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)編纂、インドにおけるホメオパシーリサーチの集大成の文献「ホメオパシー科学 ― 穏やかな治療法 ―(原題 Homoeopathy – Science of Gentle Healing -) 」の日本語版をAYUSH省承認を得て、完成させた。その出版セレモニーは、12月インド、ケララ州に所在するCentral Research Institute of Homoeopathy(ホメオパシー中央リサーチ研究所)にて開催された。

ホメオパシー療法家

Zenホメオパシーの開発

医原病大国の日本人が多くの難病を持っていることで従来のホメオパシー治療では歯がたたないことが分かり、全ホメオパスの師であるハーネマンによる『医術のオルガノン』、『慢性病論』、『マテリア・メディカ・プーラ』、『レッサーライティング』を徹底的に読み込み、『医術のオルガノン第六版』の§279にハーネマンが書いているように、「医原病があっては、臓器が機能不足であっては、希釈振盪したレメディーは効かない」というハーネンマンの慢性病における治療法を現代人に合うようにアレンジしさらに、成功したさまざまな臨床ケースから学び発展させて行き、10年かけてZenホメオパシーを編み出し、現代の複雑な病理にもホメオパシーで対応する事を可能にした。又、Zenホメオパシーを発展させていく中で、多くの方の難病の原因が、薬から来る医原病だけでなく、日本人がもつ「罪悪感」や「自己卑下感」などインナーチャイルドにも起因することにも気づいた。
発達障害や自己免疫疾患、癌、インナーチャイルドなど、様々な難病でのZenホメオパシーでの治癒成果は、国内外で大きな注目を浴びている。

日本国内での学術発表は数え切れない程の数をこなし、国外では、英国、ドイツ、オランダ、ベルギー、ドバイ、アメリカ、インドで症例発表を行っている。
特に、Zenホメオパシーは、医原病のフタをトートパシーでとり、臓器をサポートするために、マザーチンクチャーとレメディーを同時に使い、その人の症状からレメディーを割り出し、そのレメディーは、抗疥癬レメディー(有益鉱物)、そして心、体、魂を癒す植物レメディーを出す画期的なメソッドである。
Zenホメオパシーを使い発達障害児168名のクライアントの91%に改善をもたらす事に成功している。Zenホメオパシーは、ハーネマンの原理に誠実であり、尚且つ、現代の難治の病、そして信念の病気(『医術のオルガノン第六版』§17(1))(『慢性病論 第2版』184~185P)もインナーチャイルド癒しになって治癒に導く事を可能にしている。Zenホメオパシーを学びたい方はCHhomにお問い合わせください

農民

ハーネマンの『オルガノン』や『慢性病論』は、ホメオパシーの原理だけでなく、養生法についても書いている。総合的に人が健康になるために、ホメオパシー自然農で食の安心・安全をめざす日本豊受自然農設立。レメディーをとっていても、安心、安全な自然農の食べ物を食べたり、安心安全な化粧品などを使わなければ、健康に導けないことを臨床から実感し、また、東日本大震災での被災地での支援活動の中で、現地の方々が最も求めていたものは、安心安全な水と野菜であったことを実感。2011年に、ホメオパシー理論を応用し、無農薬、無化学肥料で、自然な種にこだわり、発酵・土壌菌など土づくりにこだわった自然型農業を、大規模に推進していくために、静岡県と北海道に自社農場を持つ農業生産法人日本豊受自然農を立ち上げた。

彼女は、現代人に合ったホメオパシー統合医療、心と魂の救済のインナーチャイルド心の癒し、体のために自然農による安心安全栄養ある食の供給の3本柱での展開を行っている。

座右の銘

ホメオパシーの恩恵がすべてに降り注がんことを!万物生命、その存在自体に感謝し、命そのものを生きられんことを!