患者に寄り添い、普遍の愛で苦しむ人々を治癒に導く魂のホメオパス
ホメオパシーの恩恵が日本に注がれる事を願い、その本格的導入と定着に捧げる

www.torakoyui.com

 豊受自然農ブログ

今週の週替わりランチ
おすすめA

  豊受野菜の天津飯
  ~カレンデュラの甘酢あんかけ~
 (ずわい蟹、椎茸、人参、玉葱、長葱)

 ・本日の野菜サラダ
 ・豊受小鉢
 ・本日の汁もの

おすすめB

  本日の焼き物盛り合わせ
  (魚、玉子焼き、紅おろし、茹で葉物、野菜の天ぷら) 
 ・本日の野菜サラダ
 ・豊受小鉢 
 ・炊きたてご飯
 ・本日の汁もの
豊受自然農 オーガニクス情報はインスタでも速報中!
www.instagram.com/toyouke_organics/
食べログ
tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13176512/
... See MoreSee Less

View on Facebook

農業生産法人 日本豊受自然農株式会社 shared CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー/シーエイチホム)'s photo. ... See MoreSee Less

昨晩、豊受オーガニクスレストランには ファミホメ6期生の有志にご来店いただきました。 「修了おめでとう会」という事で集合頂いたようです。 ちょうどそこへとら子先生が! とらこ先生との記念撮影の写真パチリ!! 皆さんにお会いできてとらこ先生もとても嬉しそうでした。 CHhomで出会えた仲間は本当にかけがえのない存在ですね。 ファミリーホメオパス1年間受講された皆様のインタビュー映像をアップしました。是非ご覧ください www.youtube.com/watch?v=0PIBVe2-qdI 皆さん感想を聞いていくと、この1年間を通して大きな変化があり、考え方生き方が変わっていったとおっしゃっています。 ファミリホメオパスコースは1年間でキットを使いこなす知識を学ぶだけではなく、インナーチャイルドや食や農業、またフラワーエッセンスやマザーチンクチャについても学ぶことが出来る。1年間にギュギュっと凝縮したコースです。 CHhomでは、入学希望者を対象にオープンキャンパス(公開講座)を実施致しております。入学前に、学校の雰囲気を肌で感じてみませんか?お申込み・お問い合わせは、CHhom各校にて受け付けております。 各校のご案内はこちら⇒http://www.homoeopathy.ac/2012/about/access/index.html また豊受オーガニクスレストランではディナーも充実!! 現在はキリタンポ御膳や鮮魚など お昼と違った雰囲気とラインナップでご用意しています。 ハーブ酒のカクテルやオーガニックビールと共にお楽しみ頂きます。 ディナータイム 17:00~21:00(ラストオーダー20:00)

View on Facebook

今年のシンポジウム 会員の発表も大きく充実します! ... See MoreSee Less

いよいよ今週末4月2に利に迫りました「第6回 日本の農業と食シンポジウム」。今年は西のJPHMAコングレスという位置づけでも行われます。古都京都の夜桜なども楽しめる季節、ぜひこの機会に、ぜひお誘い合わせの上、第6回 日本の農業と食のシンポジウムにお越しください。お待ちしております。http://www.toyouke.com/kyoto2017/ 今回、とらこ先生は、命をつないでいくため自然に戻ることが大切と、ホメオパシーに加え、食養生と心のケアを組み合わせて改善していった事例として「野菜スムージーを食べて健康ケアしていたにも関わらず食道に大きな腫瘍ができた方が、健康相談で改善していったケース」、「膠原病で、肉食中心でクスリも多くとられている方で、手足が先から腐っていく難病、その壊疽の進行が健康相談で停止したケース」を基調講演の1部で発表します。自然回帰をテーマに、農林業から心、自然療法、医療、環境までのこれらのビジョンを語る大事な発表になると思います。 また、豊受クリニック院長の高野弘之先生は「健康に生きるための食と医療とは」、フラワーエッセンス研究家の東昭史さんは、大会テーマに合わせ「森の木々による心の癒し~日本のフラワーエッセンスの研究」、西田つやこホメオパスは「自然な妊娠 出産、母乳育児への食の重要性」、宮崎日出子ホメオパスは「自然な妊娠 出産、母乳育児への食の重要性」、、中西さやかホメオパスは、松尾敬子ホメイパスは、「親子3人の電磁波過敏症・化学物質過敏症が食とホメオパシーで改善したケース」、富田沙織の各ホメオパスは「食とホメオパシーで糖尿病が改善したケース」、インナーチャイルドセラピスト 月山ハルさんは、「インナーチャイルド癒し体験談」を発表、京都シンポジウムでは初の試みとしてポスター掲示でのホメオパシー症例発掲示も秋のコングレスで発表されたホメオパスの方を中心に、初めて本格的に行われます(添付イメージ参照) ほめ日記にも掲載⇒http://blog.homoeopathy.ac/2017/03/post-e095.html 来賓発表としては、飛騨でオークヴィレッジを開き、自然な広葉樹の家具づくりから始め、広葉樹での自然林復興、国際的にも注目されている日本の森のアロマや、日本の森を食するプロジェクトなどユニークな活動を国際的に展開されている稲本正さん、竹乳酸菌や竹の優れた栄養、特性を生かす技術を開発され、農地土壌改良剤、人と動物の食品、化粧品材料などを日本豊受自然農と共同開発している東大の佐野孝志先生、オーガニック酪農のJA函南東部片野組合長、そして今回は、地方創生に東奔西走され、地元で実際に農林水産業、商工業に取り組まれて地方を底辺で支えている人との連携で自然型、原点回帰での1次産業を含めた地方創生に取り組む船津準二先生(山本幸三大臣の特別顧問)に登壇いただくなど充実した内容となっています。 第4回、5回に連続登壇いただき、素晴らしい発表をいただき、昨年末急逝された安保徹先生の追悼のシンポジウムとなります。さらに昨年シンポジウムで発表されたインド政府との「ホメオパシー科学  -穏やかな治療法- 」やインド政府招聘のツアーも実現し、日印のホメオパシー交流もこの1年で大変深まり、その最新情報なども聞けるかもしれません。 なお、発表以外にも魅力盛りだくさんのイベントとなっています。 豊受ブースでは寄付いただいた方には、豊受農場の自家採種の野菜やハーブの種もお分けしております。豊受自然農の新商品として、森林の香りの新商品、森林木香や、自然林の木々の恵みの森林木茶やミネラル豊富なぬか入りのヨーグルト、豊受の竹の粉なども販売。参加者にはインナーチャイルド癒し6の簡易版DVDも配布されます。ホメオパシー、インナーチャイルド、フラワーエッセンスFE、QX-SCIOなどの体験相談も。UKショップ、レメディーメーカー、豊受の人気の特別注文書なども見逃せません。今からでもとらのこ会員、一般の方にはちょっぴりお得なチケットもCHhom各校、JPHMA会員やセンターなどでも扱っています。この機会に、ぜひ京都へお越しください

View on Facebook

 CHhomインドスクーリング

 豊受オーガニクス インスタグラム

リンク

ご意見、ご感想はいつでも受け付けております。